映像技術賞アニメーション部門に「魔法使いプリキュア!」 日本映画テレビ技術協会が発表

アワード/コンテスト

 一般社団法人 日本映画テレビ技術協会は、映画・テレビ分野で技術的な貢献した人を顕彰する第70回(2016年度)技術開発賞、映像技術賞を発表した。
 このうち映像技術賞のアニメーション部門は、人気のテレビアニメシリーズ『魔法使いプリキュア!』の後期エンディングの映像を選んだ。また作品を制作した東映アニメーションのプリキュアエンディングチームを受賞者にした。
 VFX部門は2016年7月に劇場公開された映画『シン・ゴジラ』を選出した。こちらの受賞者は、白組 VFXチームになる。作中で観客を沸かした数々の特撮・CGが評価されたかたちだ。

 日本映画テレビ技術協会は、映画とテレビに関わる技術関係者で組織された団体だ。1947年に日本映画技術協会として設立されて以来、今年で70周年となる。
 顕彰事業は、創立以来続く主要な活動のひとつだ。現在は、技術的な功績そのものを対象とする技術開発賞、作品とその制作者を対象とする映像技術賞、さらに各個人賞が設けられている。さらに技術開発賞と映像技術賞受賞の中から経済産業大臣賞(日本映画テレビ技術大賞)が選ばれる。

 このうち映像技術賞は、撮影・照明・録音・音声・美術・編集・アニメーション・VFX・OAGの技術ごと、さらにジャンルごとに分けられる。アニメーション、VFX以外では、映画『怒り』が、撮影、照明、録音の3部門を受賞し、活躍が目立った。
 今回の表彰式は、11月1日15時から六本木ヒルズ内アカデミーヒルズ49にて行われる。

日本映画テレビ技術協会
http://www.mpte.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る