高橋留美子、米国アイズナー賞「コミックの殿堂」に3度目のノミネート

アワード/コンテスト

 米国のコミコン・インターナショナルは、コミックの賞として有名なアイズナー賞(Eisner Awards)のうち2017年の「コミックの殿堂入り」4名と殿堂入り候補の17名を発表した。「コミックの殿堂」は、例年は審査委員が選んだ2名を自動的に殿堂入りとし、さらにノミネートの中から投票で4名を決定する。
 しかし、今年は賞の名前に由来するウィル・アイズナーの生誕100周年を記念して4名を審査員による殿堂入りとした。選ばれたのは、いずれも故人で大物が並ぶ。
 新聞コミックのパイオニアMilt Gross、『ワンダーウーマン』のオリジナル版のイラストを手がけたH. G. Peter、風刺雑誌「MAD」の看板作品『Spy vs. Spy』の作者Antonio Prohias。そして1980年代にアンダーグランドコミックスで活躍したDori Sedaである。Sedaは1988年に37歳の若さでなくなっている。

 投票により選ばれる候補には、17人の名前が挙がった。大物コミックアーティストと共に、日本のマンガ家から高橋留美子の名前も並んでいる。
 高橋留美子は、『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』『境界のRINNE』など数々のヒット作を持つ。1970年代から現在に至るまで、常に第一線で活躍している日本を代表するマンガ家である。
 その作品は90年代より米国で翻訳出版され、なかでも『らんま1/2』は出版元のVIZの初期の経営を支えた。米国における日本マンガ普及の立役者である。日本からコミックの殿堂入りをしたのはこれまでに6人のみ、手塚治虫、小池一夫、小島剛夕、大友克洋、宮崎駿、水木しげるである。高橋留美子はこれに並ぶ資格があると言うわけだ。

 一方、実際に選ばれるかは、候補者が大物ばかりだけに、ハードルが高いのも事実だ。実際に高橋留美子のノミネートは、2014年、2016年に続き実に3度目となる。しかし、逆に言えば、多くの人が殿堂入りを待ち望んでいる。
 殿堂入りは、投票は米国のコミック関係のアーティスト、編集者、出版関係者の投票により決定する。発表は8月にサンディエゴで開催されるコミコン・インターナショナルの場で行われる。

[2017年アイズナー賞 コミックの殿堂入り]
■ Milt Gross
■ H. G. Peter
■ Antonio Prohias
■ Dori Seda

[2017年アイズナー賞 コミックの殿堂入りノミネート]
■ Peter Bagge ■ Howard Cruse ■ Steve Englehart ■ Justin Green
■ Roberta Gregory ■ Bill Griffith ■ Gilbert and Jaime Hernandez
■ Francoise Mouly ■ Jackie Ormes ■ George Pérez ■ P. Craig Russell
■ Posy Simmonds ■ Walt Simonson ■ Jim Starlin
■ 高橋留美子 ■ Garry Trudeau

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る