エンタメ情報まとめアプリのハッカドールが ウェブマガジン創刊

スマートフォン

 DeNAが提供するニュースアプリ「ハッカドール」が、ネット上で新たなメディアに乗り出した。2017年8月9日より、同社のオリジナル記事を掲載する「ハッカドールマガジン」がスタートした。ハッカドール運営チームが新しくハッカドールマガジン編集部となり、運営する。
 スタートにあたっては(株)ワクワークによるインタビュー「今どきエンタメ職業最前線~あるいはオタクなオシゴト事情」と、「かーずSPのオタ活向上!◯得情報局」の連載を掲載している。数は多くないが、読み応えのある記事を目指していることが分かる。
 ハッカドールマガジン編集部ではサイトの方向について、「新しい気付き」、「広がり」、「新しいオタク活動のきっかけ」、「友達との雑談へのひと花」と説明している。

 ハッカドールは、2014年8月にスマートフォン向けのニュースアプリとしてスタートした。アニメやゲーム、マンガ、声優、ラノベなどに関する情報をニュースサイトや公式サイト、まとめサイトから集めて、ユーザーのニーズに合わせて見出しとリンクを提供する。2015年5月からはウェブ版も運営している。
 今回はそうした情報の整理・まとめとはやや異なり、オリジナルの情報を作りだすことになる。ハッカドールならではの個性が期待される。

 またハッカドールは従来と異なった活動にも積極的で、アプリのイメージキャラクターを制作、それを多方面に展開している。2015年秋には、テレビアニメシリーズ『ハッカドール THE あにめ〜しょん』も放送された。
 「ハッカドールマガジン」も、そんな新たな挑戦のひとつになる。サービス開始から3年、サハッカドールはまだまだ変わりそうだ。

「ハッカドールマガジン」
https://magazine.hackadoll.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る