ブシロード、TCG開発の遊宝洞と資本業務提携 株式16.7%を取得

提携

 ブシロードは、トレーディングカードゲーム(TCG)のゲームシステムデザインの有力企業である有限会社遊宝洞の株式 16.7%を取得、資本業務提携した。これを通じてTCGの開発体制を強化し、この世界的な成長ジャンル中での競争力を確保する。
 遊宝洞は2001年設立で、TCG やデジタルゲームのゲームシステムデザインが優れていると定評がある。企業規模は必ずしも大きくないが、世界的に見ても多くの人が面白いと感じるTCGのゲームシステムを構築出来る企業の数は極めて限られている。その一つである遊宝洞に一部出資することで、ブシロードは協力関係を強化する。ブシロードは、今回の株式の取得価格や取得先は開示していない。

 ブシロードは2007年に、現在の代表取締役社長である木谷高明氏が設立した。スタート時の主力事業はTCGだった。現在はTCGだけにとどまらず、アニメ、ゲーム、音楽、イベント、商品開発・販売、スポーツなど様々な事業展開する。
 それでもTCGはブシロードにとって、最も重要な事業だ。とりわけ近年は、TCG はグローバル市場で成長が著しい。国内海外とも市場規模は年々拡大している。ブシロードが重視する理由でもある。
 このような状況の中、TCG の安定的な開発・製造・供給が重要性を増していることが、今回の2社の資本業務提携の背景にある。

 しかしTCG 事業の成長のためには、クリアしなければならない課題も多い。開発体制の確保もそのひとつだ。遊宝洞と協力して優秀な人材の確保と育成をすることで、ブシロードはTCGの開発体制を強固なものにし、これを乗り越える構えだ。
 遊宝洞はブシロードと20年以上にわたるビジネス取引があり、『ヴァイシュバァルツ』や『カードファイト!! ヴァンガード』の主力タイトルも開発した。遊宝洞は、一生遊べるような長年続くゲームを目指すにはそれを支えるにふさわしい組織が不可欠とする。今回の業務提携はそれを目指すためのもので、遊宝洞にとってもメリットは大きい。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る