クランチロールからオリジナルTVアニメ「URAHARA」 久保亜美香監督、白組&EMTスクエアード

オリジナルTVアニメ「URAHARA」

 日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが注目を浴びている。NetflixやAmazonプライムビデオといった大手プラットフォームが自社独占配信タイトルを次々に発表している。
 その中で日本アニメの海外向け配信最大手のクランチロールからオリジナルのテレビアニメシリーズが誕生することになった。2017年10月からスタートする『URAHARA』である。原作はクランチロールで連載中のイラストノベル『PARK: HARAJUKU Crisis Team!』。東京・原宿を舞台に、異星人と戦う3人の少女たちの姿を描く。

 主人公の3人は、原宿で「PARK」という期間限定ショップを展開していたが、そこにある日宇宙人がやって来て、人間が生んだ文化を奪っていく。突然現れた不思議な少女がきっかけで、3人は原宿を守るために立ち上がる。
 作品は世界からも注目される日本のカワイイオシャレカルチャーと、ちょっとギークなオタクカルチャーが融合するようだ。アニメ音楽のアーティストとして活躍、そしてカワイイカルチャーを体現する春奈るな、やはりカルチャー界隈のトレンドリーダーでもある声優・上坂すみれ、石見舞菜香の3人がキャストを担当することからも、本作の方向性も窺える。

 ストーリー、世界観に加えて、制作スタッフ、枠組みもこれまでになくユニークだ。『URAHARA』はクランチロールにとって初のプロデュース作品となる。さらにプロジェクトには、中国の映像プラットフォームのビリビリ動画も参加する。日本、米国、中国をつなげるグローバルな取り組みとなった。

 監督の久保亜美香は、大学時代に制作した短編アニメーション『おはなしの花』が多くの賞を受賞し注目を浴びた。その後、カナダに留学、国際映画祭審査員を務めるなどグローバルに活躍。プロデューサー、監督、そして短編アニメーション映画のサイト「tampen.jp」の編集長を務める。今回は、テレビアニメシリーズの監督に挑む。
 原案のパトリック・マシアスは、『オタク・イン・USA―愛と誤解のAnime輸入史』の著書もある北米の日本ポップカルチャー批評の第一人者として有名だ。それに演出主任の荒川真嗣、シリーズ構成の高橋ナツコと、日本のアニメ界の実力派が固める。

 さらにアニメーション制作は白組とEMTスクエアード。白組は『STAND BY ME ドラえもん』や『シン・ゴジラ』でもお馴染みだが、『URAHARA』ではオシャレなビジュアルのシリーズに挑む。EMTスクエアードは『にゃんこデイズ』の制作で知られている。
 これまでの想像を超えた取り組みで、日本から世界に届けられる『URAHARA』が、アニメ業界にどんなインパクトを与えるのかも注目だ。

TVアニメ『URAHARA』 http://urahara.party/
[スタッフ]
監督: 久保亜美香
演出主任: 荒川真嗣
シリーズ構成: 高橋ナツコ
原案: パトリック・マシアス(クランチロール)
キャラクター原案: たなか麦(PARK)
キャラクターデザイン: 藤田まり子
メカデザイン: やまだたかひろ
タイトルロゴデザイン: NC帝國
アニメーション制作: 白組×EMTスクエアード

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る