創通、代表取締役社長に出原隆史氏が就任へ

企業ニュース

 アニメ企画・製作の創通の代表取締役が交代することになった。2017年7月7日、創通は取締役会を開催し、次期代表取締役社長に、現代表取締役副社長の出原隆史氏を内定した。9月1日付で就任する予定だ。
 変化の激しい事業環境の中で、業務の向上と経営基盤の強化を図るために新たな経営体制を構築するとしている。現代表取締役社長の青木建彦氏は、取締役として経営陣に残る。同時に、子会社の創通エンタテインメントの代表取締役に就任する。

 出原隆史氏は大学卒業後に日本電気に入社、2002年に創通に入社した。経営企画室長、総務部長、管理本部長などを歴任した。2014年11月からは取締役副社長として経営にあたっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『詩季織々』
     2016年に新海誠監督の『君の名は。』で日本中を揺るがしたコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)…
  2. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
  3. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
ページ上部へ戻る