エイベックス・ピクチャーズ、「マブラヴ」のイクストル子会社化 ゲーム事業進出

協力

 エイベックス・グループ・ホールディングスの子会社で、アニメ製作事業のエイベックス・ピクチャーズがゲーム事業に本格進出する。2017年7月10日、「マブラヴ」シリーズで知られるゲーム会社の株式会社イクストルの発行済株式の90%を取得、子会社化した。
 イクストルの株式は、代表取締役社長の中西孝氏が60%、文化放送が20%、グッドスマイルカンパニーが20%保有していた。エイベックス・ピクチャーズは、このうち文化放送トグッドスマイルカンパニーから全株式、中西孝氏より50%分を取得する。中西氏は引き続き10%の株式を保有し、引き続き代表取締役社長として経営にあたる。
 加えて岩永朝陽氏、エイベックス・グループ・ホールディングスの代表取締役社長CEOの松浦勝人氏、同執行役員の柴田肇氏、エイベックス・ピクチャーズ代表取締役社長の勝股英夫氏が取締役に就任する。エイベックス・グループのゲーム部門として、事業拡大を目指すことになりそうだ。
 株式の取得価格は非公表、イクストルの売上高も公開されていないが、買収による経営の影響は2018年3月期では軽微としている。

 イクストルは、2011年に設立された。『マブラヴ』を起点にしたゲームシリーズのIP(知的財産権)を保有している。「マブラヴ」シリーズは、国内外で熱烈なファンが数多いことで知られている。シリーズが数々の続編が製作された。
 メディアミックスも活発で、これまでに『トータル・イクリプス』(2012年)、『シュヴァルツェスマーケン』(2016年)と2度にわたりテレビアニメ化された。いずれの作品もエイベックス・グループが映像ソフトを発売している。両社はこれまでもビジネスのつながりが深かった。

 今回の買収について、エイベックス・グループはゲーム事業への進出を挙げる。イクストルが保有するタイトルで多角的なゲーム事業を開拓し、そのなかにはソーシャルゲーム化も含めるとする。
 エイベックス・グループは、2020年に向けた成長戦略で「ライヴ」「アニメ」「デジタル」の3つを重点分野に挙げている。ゲームもそのなかのひとつというわけだ。

 一方で、今回の決定は、エイベックス・ピクチャーズの脱パッケージ、事業多角化戦略も垣間見える。2015年よりアニメの映像ソフトの売上は縮小傾向となっている。エイベックス・ピクチャーズは、近年『おそ松さん』、『ユーリ!!! on ICE』といった大ヒットタイトルがあるが、アニメ配信の普及もあり、今後は、DVDやBlu‐rayといった映像ソフト市場全体では大きな回復は見込めない。
 そこで映像ソフトメーカー各社は、映像ソフト以外へ事業の多角化を目指している。エイベックス・ピクチャーズは、そのひとつとしてゲームを選び、アニメとも親和性の高い「マブラヴ」の獲得に動いた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る