パリ・JAPAN EXPO 2017 「日本アニメ100年」から山田涼介、AKB48の柏木由紀まで

JAPAN EXPO 2017

 2017年7月6日、フランス・パリのノールヴイルパント展示会会場にて、日本カルチャーのイベント「JAPAN EXPO 2017」が開幕した。4日間で延べ24万人の動員を見込む巨大イベントである。
 近年は、海外で開催される日本のポップカルチャーのイベントが話題を集めることが増えている。そのなかでJAPAN EXPOは、アニメやマンガ、J-POPだけでなく、ファッションやアイドル、日本食、伝統工芸、観光まで幅広い文化を取り上げるのが特徴となっている。日本文化のショーウィンドーとなることで、幅広い層から人気を集めている。

 2017年も大型企画が相次いでいる。ポケモン劇場映画初の海外ワールドプレミアの実施、曽根文彦監督と主演・山田涼介らが登壇する『鋼の錬金術師』のステージ、またAKB48の人気メンバー柏木由紀のサプライズでのミニライブ、豪華なラインナップになっている。
 2.5次元ステージ「舞台『弱虫ペダル』」のトークショーは、今年の話題のひとつ。出演キャストが渡仏し、会場を賑わせた。日本で急速に拡大した2.5次元の海外展開の足掛かりとして、JAPAN EXPOを活用している。
 さらに日本アニメ100周年の特別企画「Anime100(アニメ・サン)」が目玉だ。関連作品の大型展示や、日本アニメを代表するスタッフを多数招いて盛り上げる。

 毎年の活況から、近年は日本企業の参加も増えている。その原動力となっているのが、JAPAN EXPOのメインパートナーであるトーハンのプロジェクト「SAIKO! JAPAN」である。
 ここでは日本企業のブースをまとめて、日本文化をまるごとパリで紹介することを実現している。「ポケモン」、舞台『弱虫ペダル』のほか、アプリゲーム「シャドウバース」、栃木県大田原市のゆるキャラ「与一くん」なども展示する。昨年はエリア内に44ブースを設けたが、今年はさらに拡大し、21社、55ブースとした。
 トーハンによれば、今年の特長は、ゲームでの出展が増えていること。今回は30周年にあたる「ファイナルファンタジー」が注目だという。アニメでは『Re:ゼロから始める異世界生活』、『進撃の巨人』、『ソードアート・オンライン』が人気を集める。
 トーハンではファン向けだけでなく、ビジネスミーティングを目的としたBtoBセンターも設置する。ファン向けのプロモーションの場としてだけでなく、ビジネス創出の場としても、JAPAN EXPOの今後が期待されている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る