KADOKAWA、ヨーロッパ大手出版エディシオン・デュプイと仏語出版社設立

エディシオン・デュプイ

 エンタテインメント大手KADOKAWAは、2024年1月25日に欧州のエンタテインメントグループのメディア・パルティシパシオ(Media-Participations Paris)、そのグループ出版社エディシオン・デュプイ(Editions Dupuis S.A.)との間で合弁会社設立の合意をした。
 新会社はエディシオン・デュプイのアジアのマンガ・コミックス出版レーベルのVega(ヴェガ)の事業を分社化し、KADOKAWAがその株式の51%を取得する。エディシオン・デュプイも49%の株式を引き続き保有する。新会社は2024年5月以降に設立予定で、パリに本社を置く。まずはフランス語圏に向けた日本マンガ・ライトノベルと韓国作品の翻訳出版をする。
 
 エディシオン・デュプイは、売上規模でフランス第3位の大手出版社だ。フランス・ベルギーを拠点とするエディシオン・デュプイは100年以上の歴史を持ち、コミック出版でも欧州を代表する。『スマーフ』や『ラッキー・ルーク』、『ガストン・ラガフ』といった人気作品を多数輩出してきた。
 しかし、フランスで急拡大する日本マンガの翻訳出版では出遅れていた。この分野を手がけるVegaレーベルもスタートは2021年である。今回、レーベルをKADOKAWAとの共同出資会社に一新することで、同分野でのビジネス拡大を目指すことになる。

 新会社はVegaレーベルを通じて、日本マンガとライトノベル、それに韓国作品を刊行する。事業展開にあたっては、メディア・パルティシパシオの出版流通インフラや販売・プロモーションノウハウを活用する。
 日本作品はKADOKAWA作品だけにとどまらず、幅広い取り扱い出版社からの取り扱いを目指すとしている。またヨーロッパで生まれた作品のコミカライズなども目指す。新会社は特定の分野とどまらない方向と見られる。
 さらに将来的には、翻訳出版以外のビジネスも視野に入れる。両社によるデジタルマンガや小説のプラットフォーム運営などでの提携関係拡大も検討もする。

 ヨーロッパ市場における出遅れは、KADOKAWAも同様だ。翻訳出版のライセンス輸出の実績の高いアジア、北米に較べると、KADKAWAのヨーロッパ事業は古くから現地に進出する小学館・集英社に較べて弱い。それがヨーロッパの大手出版社と手を組む理由だ。
 KADOKAWAはフランスとフランス語圏市場は100年以上のバンド・デシネがあり、世界有数の市場だとしている。さらに日本マンガの需要が活発で大きな成長余地があるとする。今回のフランス語圏への本格進出の背景となっている。
 KADOKAWAは昨年10月、ドイツ・ベルリンにグループ会社が日本のライトノベル翻訳のデジタル・サブスクリプションサービス会社JNC Nina(ニーナ)を設立している。現地直接進出が活発な北米、アジアに続き、ヨーロッパ市場の進出にも本腰だ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る