テレビ東京HD、アニメ・ライツ事業好調 上期業績予想を上方修正

ファイナンス決算

2016年8月13日に2017年3月期第1四半期決算を発表したテレビ東京ホールディングス(テレビ東京HD)は、第1四半期の好調を受けて第2四半期までの業績予想を上方修正した。当初予想の売上高は675億1500万円から694億2300万円に引き上げられたほか、営業利益は9億5200万円から21億7000万円、経常利益は11億3600万円から24億5100万円、当期純利益は6億2600万円から15億8600万円に変更された。
業績予想の修正理由は、アニメ事業とライツ事業が予想を上回ったためとしている。いずれも利益率が高い部門だけに、特に利益面での業績を引き上げることになる。

アニメ事業は、前期に引き続き好調を維持している。前期の売上高43億8700万円に対して今期は45億3900万円と3.9%増、粗利益も前期の16億9200万円から12%増の18億9500万である。2017年3月期も好調なスタートを切った。
海外向けの配信とゲーム展開が牽引した。ゲームでは『NARUTO』と『BLEACH』、配信では2作品に加えて『銀魂』が好調だった。一方で、前年に好調だった『妖怪ウォッチ』と『アイカツ!』は、商品化の取り扱いは減少したとしている。
こうした状況から通期のアニメ事業の売上は前年をやや上回る145億8600万円に引き上げられた。粗利益は50億6200万円を見通す。

このほかアニメ関連では、アニメ専門チャンネル「AT-X」を運営するエー・ティー・エックスが『ベイブレードバースト』などのライツ事業と、広告関連売上が順調だとして前年同期比25.8%増収となった。売上高は15億6000万円。
また『新世紀エヴァンゲリオン』や『おそ松さん』などアニメ関連楽曲が好調だったテレビ東京ミュージックは、前年同期比7.1%増の7億8100万円の売上高だった。

テレビ東京ホールディングス全体では、第1四半期は売上高347億9900万円(3.9%増)、営業利益28億3300万円(34.8%増)、経常利益は30億800万円、当期純利益は19億7500万円と増収増益である。
ただし、通期業績予想については、下期の広告収入が当初予想を下回るとして、利益面での修正は行わなかった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る