ハピネット、Swich好調で 第2四半期業績予想を上方修正

ファイナンス決算

 エンタテインメント関連商材のハピネットは、2017年9月25日に2018年3月期第2四半期決算の連結業績予想を上方修正した。当初770億円として売上げを830億円に変更したほか、営業利益を12億円から16億円、経常利益を11億円から15億円、さらに当期純利益を7億円から9億円に引き上げた。
 変更幅は利益面でとりわけ大きく28%から36%になっている。さらに前年比では営業利益、経常利益とも倍増の勢いになる。

 業績好調の理由は、今年3月に任天堂から発売された新型ゲーム機「Nintendo Swich」である。ゲーム機本体に加えて関連ソフトがヒットしている。任天堂の関連商材の流通を得意とするハピネットに、恩恵が広がった。ハピネットは、玩具、映像音楽ソフト、ゲーム機・ソフトの中間流通大手として知られている。
 ただし、通期決算については、業績予想の変更はしなかった。ハピネットの事業がクリスマス、年末年始商戦に偏重しているため、こうした勢いが今後も続くか見極めるためとみられる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る