日本キャラクター大賞グランプリに「ポケモン」 ニューフェイス賞に「ユーリ!!! On ICE」

ポケットモンスター

 キャラクター/ブランド業界で昨年度もっとも活躍したキャラクターに、株式会社ポケモンの「ポケットモンスター」が選ばれた。2017年6月15日、一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会は、今年の日本キャラクター大賞グランプリに「ポケットモンスター」が決定したと発表した。
 日本キャラクター大賞は2009年に、「キャラクター&ブランド・オブ・ザ・イヤー」としてスタート。キャラクターに関連するメディアの編集部や、専門家により審査されている。業界のさらなる発展を目指し、今回より名称を変更した。

 「ポケットモンスター」をグランプリとした理由として、スマホアプリゲーム『ポケモン GO』のブームによる大人層の取り込みを挙げた。これまでは子ども向けのキャラクターとみられていたが、世代を超えて愛されるプロパティであることを証明した。「ポケットモンスター」は2009年に続く2度目の受賞となる。

 日本キャラクター大賞では、グランプリ以外にも各賞を発表している。今後のさらなる活躍を期待するニューフェイス賞には、テレブアニメ「ユーリ!!! On ICE」(ユーリ!!! On ICE製作委員会)、女性に人気の深夜アニメが挙がった。グローバルも狙えると高い評価を受けた。
 選定委員特別賞にも若い女性から熱烈な人気を誇る『刀剣乱舞‐ONLINE-』(コンテライド)が入り、昨今の女子パワーの大きさを感じさせた。選定委員特別賞のもうひとつは、六本木立地が話題になった「スヌーピーミュージアム」(ソニークリエイティブプロダクツ)だった。

 ブランドの活用である日本ブランド・ライセンス大賞は、ウォルト・ディズニー・ジャパンが手がけるアメコミレーベルの「マーベル」が選ばれた。コアマーケットだけでなく、女性向け商品展開も理由のひとつだ。
 プロダクト・ライセンシー賞は、「コップのフチ子」から様々な展開をする「PUTITTOシリーズ」(キタンクラブ)。ライセンシング・エージェンシー賞は石鹸とヴァーチャルアイドルの組み合わせで意外感のあった「LUX×初音ミク」。そして店舗を中心にキャラクター/ブランドを活性化したリテイル賞は、「ロフト」が選ばれた。

 日本キャラクター大賞表彰式は、6月28日13時より第7回ライセンシングジャパンの展示会場内の特設会場で行われる。日本のキャラクター文化とビジネスの盛り上げに一役買う。

■ 日本キャラクター大賞 グランプリ
「ポケットモンスター」(ポケモン)

■ 日本キャラクター大賞 ニューフェイス賞
「ユーリ!!! on ICE」(ユーリ!!! on ICE 製作委員会)

■ 日本ブランド・ライセンス大賞 グランプリ
「マーベル」(ウォルト・ディズニー・ジャパン)

■ プロダクト・ライセンシー賞
「PUTITTO シリーズ」(キタンクラブ)

■ ライセンシング・エージェンシー賞
「名探偵コナン」(小学館集英社プロダクション)

■ プロモーション・ライセンシー賞
「LUX×初音ミク」(ユニリーバ・ジャパン)

■ リテイル賞
「ロフト」(ロフト)

■ 選定委員特別賞
「刀剣乱舞-ONLINE-」(コンテライド)
「スヌーピーミュージアム」(ソニー・クリエイティブプロダクツ)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る