バンダイナムコフィルムワークス4本部体制に、執行役員、部長職人事も発表

企業ニュース

 先頃、経営統合に伴う新社名も明らかにしたバンダイナムコグループの映像事業会社バンダイナムコフィルムワークスは、2022年4月1日付けの事業体制と執行役員・部長職人事を2022年2月17日に発表した。
 会社組織は、IP制作本部、IP事業本部、マネジメント事業本部、コーポレート事業本部の4本部体制とする。IP制作本部は映像の企画・制作、IP事業本部は企画・出資など、マネジメント事業本部はランセンスの販売・運用とみると分かりやすそうだ。コーポレート事業本部は企業戦略や人事・経理・法務などのバックオフィスから構成される。

 2月8日に発表されている取締役に加えて、執行役員4名の人事が発表されている。横倉源太氏(現バンダイナムコライツマーケティング)、小形尚弘氏(現サンライズ)、小西貴明氏(現バンダイナムコアーツ)、荒井優氏(現バンダイナムコアーツ)だ。
 小形氏はIP制作本部本部長に就任するほか、IP事業本部のガンダム事業部ゼネラルマネージャーも兼任する。制作部門の要となりそうだ。他の各本部長はIP事業本部に佐々木新氏(常務取締役)、コーポレート本部に正木直也氏(取締役)、マネジメント事業本部に上山公一氏(取締役)が発表済。
 横倉源太氏はマネジメント事業部副本部長、小西貴明氏はマネジメント事業本部副本部長兼ビジネスソリーションセクションライツ管理部ゼネラルマネージャー、荒井優氏はマネジメント事業本部副本部長を担う。

 部長職に相当するゼネラルマネージャーで発表されているのは21人。統合後の会社がかなり大所帯になることが窺われる。21人のうち現サンライズが8人、現バンダイナムコアーツが10人、現バンダイナムコライツマーケティングが3人となる。
 またIP事業本部が5事業部とメディア推進部など、マネジメント事業本部に国内配信セクション、ビジネスソリューションセクション、クロスメディアセクションなどが設けられていることも分かる。

バンダイナムコグループ主要会社の機構改革および執行役員・部長職の人事について
https://www.bandainamco.co.jp/cgi-bin/releases/index.cgi/press/10683?entry_id=7454

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る