アニプレックスUSA新社長に西本修氏、後藤秀樹氏は本社執行役員へ異動

企業ニュース

 大手アニメ企業アニプレックスは、同社の米国法人アニプレックス・オブ・アメリカ(Aniplex of America Inc.)の新しい社長に西本修氏が6月21日に就任したことを発表した。西本氏は前社長の後藤秀樹氏を引き継ぎ、北米市場での日本アニメビジネスの拡大を目指す。
 一方、後藤氏は6月19日付で、アニプレックス本社の執行役員に就任した。日本から米国を含む海外事業全体のトップとして、引き続きアニメのグローバルビジネスに携わる。

 新社長の西本氏は、2009年にマーケティング部門の担当者としてアニプレックスに入社。2014年にアニプレックス・オブ・アメリカに異動、以来、米国カリフォルニアで日本のアニメビジネスに携わった。この間に、AmazonやNetflix、Huluといった映像配信プラットフォームとのパートナーシップなどで大きな役割を果たした。
 アニプレックスは既に北米のファンからも認知度の高い企業だが、西本氏とアニプレックス・オブ・アメリカは、さらなるビジネス開拓を目指す。当面は6月25日に配信をスタートしたスマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』に注力することになりそうだ。さらに『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の劇場公開やテレビアニメ『活撃 刀剣乱舞』の展開が控えている。

 アニプレックス・オブ・アメリカは、2005年にカリフォルニア州のサンタモニカに設立され10年を超える歴史を持つ。自社作品のライセンス販売からスタートし、Blu-ray/DVDの現地語版の発売、商品販売、劇場配給、イベント主催など、その事業領域を着実に広げている。
 2000年代半ばの北米における日本アニメの不況から、現在のリバイバルにおける立役者のひとつである。また、アニメ企業の海外直接進出がまだまだ少ないなかで、海外進出の成功モデルとなっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る