映画「ドラえもん」の中国公開 興収が初週19億円 邦画歴代3位に

映画ビジネスのニュース

 2017年5月30日から、日本の人気アニメの劇場最新作『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が中国で全国公開された。これが好調なスタートを切っている。公開初日は興行ランキングで『パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊』に続く第2位で登場、興行収入で3800万元(約6億円)を突破した。
 その後も着実に動員を集め、公開から7日目には1億1700万元(約19億円)に達している。映画公開初日の5月30日は火曜日スタートとイレギュラーなスケジュールだが、中国の連休最終日にあたった。一週間で土日に加えて、もう一日休みがあったことが、興行を後押しした。

 2017年に中国で公開した邦画は3月10日から上映された3DCGアニメーション『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』に続き2本目。同作の興行収入は約2900万元(約4億6000万円)になる。『ドラえもん』はこれを大きく超えた。
 さらに2016年公開の『君の名は。』(興収:5億7000万元)、2015年公開の『STAND BY ME ドラえもん』(5億3000万元)に続く歴代3位だ。数字的には上位2作品に引き離されているが、これまでのヒット作『ONE PIECE FILM GOLD』、『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』、『名探偵コナン 業火の向日葵』などを超えた。また2Dの映画「ドラえもん」シリーズで過去最高であった『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』対比でも、現時点で113%となる。

 こうしたヒットは、日本公開から3ヵ月以内での現地公開というスピードにありそうだ。2016年の『君の名は。』の大ヒットと同じ仕組みだ。
 さらに「ドラえもん」の中国での人気に高さもある。邦画の中国興収ランキングでは、歴代2位、3位、5位の3作品が「ドラえもん」映画となった。こうした人気が今後の新たな展開に結びつくことも期待される。

 今回は『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』のヒットで、再び中国市場の大きさが確認された。比較的興収が少なかった『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』も、日本の興行収入の4倍以上、海外では米国などの他国を圧倒する。中国が最も稼いだ市場となった。
 外国映画の公開は許諾制、多くの作品は権利買い取りと、変わらず本格進出は難しい。それでも、依然、中国が日本のアニメにとって巨大マーケットであることは確かだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る