ジブリパーク料金発表、エリアごとに大人1000円から2500円

企業ニュース

 2022年11月1日に愛知県「愛・地球博記念公園」内にオープンする「ジブリパーク」の入場チケットの販売方法と価格が4月28日に発表された。「ジブリパーク」はスタジオジブリのアニメ作品の世界観を豊かな公園の自然の中で体験するものだ。5つのテーマエリアで構成され、11月には3エリアで先行オープンする。
 チケットは8月頃より3つのエリアごとに販売され、共通券は扱わない。また日時指定の日時指定の事前予約制として、一日の販売枚数も上限が決められる。入場定員制はこれまで東京・三鷹の森ジブリ美術館でも実施されていた方法で、ゆったりした環境で施設を見て欲しいとの意図を持っているようだ。

 気になる料金は、常設・企画・映像展示室やカフェが中心の「ジブリの大倉庫」が大人平日2000円、休日2500円。子どもは半額になる。9時~15時までの1時間ごとに300人から800人が定員となる。販売予定枚数は1日3500枚から4000枚だ。
 「ジブリの大倉庫」では、『借りぐらしのアリエティ』に登場する床下の家と小人の庭や、『天空の城ラピュタ』の廃墟となったラピュタの庭、空飛ぶ船などが展示される。スケールも大きく、3エリアのなかでも入場者数は最も多く、チケット価格も高い。

 『耳をすませば』のお店・地球屋やロータリー広場、『猫の恩返し』の猫の事務所などが登場する「青春の丘」は大人1000円、子どもは500円。販売枚数は780枚から900枚。エリアを象徴するエレベーター塔はチケットがなくても楽しめる。
 リニューアルされた さつきとメイの家が目玉となるのが「どんどこ森」も大人1000円、子どもは500円だ。販売枚数は650枚から750枚になる。

 国民的な人気のスタジオジブリがテーマだけに、開幕当初のチケット購入は高い人気を集めそうだ。また愛知県の公共施設を利用していることから、地域や子どもたちへの目配りもしている。一般のチケット販売に加えて平日500人程度の「子ども枠」(仮称)で学校行事などでの利用を促す。また「県民デー」(仮称)では愛知県民に優先してチケット販売をする予定だ。

ジブリパーク https://ghibli-park.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
  2. 新潟国際アニメーション映画祭
     2000年代に入り、アニメーションのグローバルな広がり一段と進んでいる。日本は世界有数のアニメーシ…
  3. 諸葛四郎
     2022年4月21日より、東京・虎ノ門の台湾文化センターにて、「タイワニーズ・アニメーション~最新…
ページ上部へ戻る