東京都主催「Tokyo Pitch Session」 アヌシー映画祭MIFAで開催、企画マーケットに登場

ANIME TOKYO

 2016年に続き、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭に併催する国際見本市MIFAに2017年も東京都が参加する。すでに見本市会場へのブース出展が発表されていたが、これに加えてピッチセッションも行われることになった。
 アヌシー映画祭/MIFAの期間中の6月14日(水)11時から、メイン会場のひとつインペリアルホテルにて「Tokyo Pitch Session」を実施する。日本のから4つアニメスタジオが、今後のビジネス展開を見据えた選りすぐりのアニメーション企画を世界のプロに向けて紹介する。

 東京都が実施するこのプロジェクト「ANIME TOKYO」は、都内に拠点を持つアニメスタジオ、アニメーション事業の主の海外展開と、これを通じたアニメ産業の活性化を目的としている。国内で企画作品の審査をしたうえで、企画プロモーションに磨きをかけてアヌシー/MIFAに挑むことになる。
 2016年に国内参加者、海外関係者から好評を博し、2017年も実施されることになった。特にブース出展だけでなく、再びピッチセッションをメイン会場で行わることは大きい。世界中からアニメーション関係者の集まるアヌシーでのピッチを実施するのは、通常はかなりハードルが高いからだ。企画の提案者としての世界からの日本への期待は、決して小さくないといえる。

 2017年の出品企画とアニメスタジオは、そんな期待に応えることになりそうだ。ピッチに登場するスタジオは、Studio 4℃(美よんどC)、MAPPA、CGCGスタジオ、クーの4つ。CGあり、手描きの作品あり、バリエーションも豊かだ。そして、いずれもの作品も、すでにかなりの完成度を持っており、ビジネス化が期待出来る。
 Studio 4℃の『Red Ash』は、若手アニメーター等人材育成事業「あにめたまご2016」で制作した20分あまりの作品をパイロットフィルムとして次の展開を目指す。『ユーリー!!! On ICE』や『この世界の片隅に』などで知られるMAPPAは、美術監督として名高い木村真二氏を監督に『Mechronicle!』と題した絵本タッチの企画を持ち込む。
 CGCGスタジオは、3D/CGのミュージカルアニメ『Sprin’ Pan, Let’s go forward!』を出品する。こちらもすでにパイロットフィルムを用意している。クー/FOGHORNは、アニメーション作家ひらのりょう の絵本『FANTASTIC WORLD』を題材にしたアニメーションを提案する。個性の異なる作品群が、アヌシーでどう評価されるのかに期待がかかる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る