タカラトミー決算 欧米低調も日本復調で業績拡大 「ベイブレード」「デュエル・マスターズ」人気

ファイナンス決算

 近年、海外ビジネスの苦戦で伸び悩んできたタカラトミーの業績が回復してきた。5月10日に発表された同社の2017年3月期の通期連結決算は、売上高が前年比微増だったものの利益が拡大した。
 売上高は1676億6100万円(2.8%増)、営業利益は77億4400万円(187%増)、経常利益は78億230万円(435.9%増)となった。前年は海外事業で特別損失を計上したことから67億300万円であった当期純損失は、53億7200万円の当期純利益に転換した。

 業績の伸びは、日本事業の好調によるところが大きい。国内売上高は1318億1000万円と21.5%増だった。営業利益も100億3000万円(20.9%増)と順調だ。グループ会社のタカラトミーアーツは、過去最高の売上高を実現している。
 「トミカ」「プラレール」「リカちゃん」といった定番商品が堅調だったことに加えて、2016年4月からテレビアニメの放送がスタートした『ベイブレードバースト』が人気になった。『デュエル・マスターズ』も好調だった。

『ベイブレードバースト』、『デュエル・マスターズ』はアジアでも人気で韓国、香港、台湾ではテレビアニメの放送もあり、売上を伸ばしている。
 ただしアジアの売上高は477億7100万円(16.6%減)、営業利益は7億2500万円(17.4%減)。香港の生産子会社であるTOMY(Hong Kong)Ltd.の欧米向け出荷が減少したことが響いた。

 アメリカ、ヨーロッパは引き続き低調だ。営業利益はアメリカで前年の15億8600万円の赤字から1億9700万円の黒字転換、ヨーロッパで24億1800万円の赤字を5億8100万円の赤字まで縮小した。しかし、売上高はアメリカが285億1200万円(17.6%減)、ヨーロッパで85億7300万円(19.4%減)と下げ幅が大きかった。不採算事業の整理により、収益の健全化を図ったかたちだ。
 両地域ともベビー用品関連が引き続き低調だった。一方でスマホアプリゲーム「ポケモンGO」の人気からポケモン関連商品は好調だった。オセアニア地域もポケモン関連商品が好調で、売上高は前年並みの25億900万円であったが、営業利益は黒字転換し5700万円となった。

 2018年3月期についてタカラトミーは、ほぼ前期並みの慎重な見通しを立てる。売上高1700億円、(1.4%増)、営業利益80億円(3.3%増)、経常利益80億円(2.3%増)、当期純利益55億円(2.4%増)である。
 しかし、2018年3月期は定番商品、『ベイブレードバースト』だけでなく、大型タイトルが多く投入される。レベルファイブとの共同プロジェクト『スナックワールド』の本格展開を夏にスタートする。「トミカ」初のテレビアニメ化作品『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』、女児向けの特撮テレビシリーズ『アドル×戦士ミラクルちゅーんず!』と意欲的な試みも多い。
 同社の世界的な人気商品「トランスフォーマー」は2017年から3年連続で映画公開をしている。エピソード8が年末に世界公開される『スターウォーズ』にも期待がかかりそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る