「ADKエモーションズ北京」社名変更で登場、グローバルブランド統一

企業ニュース

 国内外でアニメーションビジネスを手がけるADKエモーションズが、中国現地法人の社名変更をした。2020年11月2日付けで、北京に拠点を構える北京IMMG国际文化传媒有限公司(IMMG-BEIJING CO., LTD.)を、「ADK EMOTIONS(北京)文化传媒有限公司(ADK EMOTIONS-BEIJING CO., LTD.)」に社名変更をした。
 北京IMMGはこれまで、ADKグループのアニメビジネスにおいて中国事業のハブとして機能してきた。日本アニメの販売や配信、商品化といった作品の版権ビジネス展開、またアニメ番組の共同製作、キャラクターイベントやプロモーション企画などを行ってきた。

 今回の社名変更は、ADKグループ全体の組織変更に流れに基づくものだ。ADKエモーションズは2019年1月にADKからスピンオフ、アニメ部門を担うグループの主要会社として設立された。国内外市場のアニメ番組の企画・製作やキャラクターコンテンツ、ライツマネジメント、商品化や広告プロモーションなどを手がける。
 ADKエモーションズ発足に合わせて、これまでに同事業を担当する北米、シンガポールの社名もADKエモーションズを含むものに変更されている。グローバルでブランドを統一することで、ADKエモーションズの認知度向上と浸透を目指す。
 
ADKエモーションズ https://www.adkem.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. IMART
     2月26日と27日の2日間、アニメとマンガのカルチャーやビジネスの今をテーマにしてカンファレンスイ…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ファイ・ブレイン×Tファン
    放送終了後もファンをつなぎとめる仕組みに迫る。  2011年からNHK Eテレで約2年半放送さ…
ページ上部へ戻る