「この世界の片隅に」北米公開8月11日に決定 Shout!とファニメーションの共同配給

映画ビジネスのニュース

 日本では2016年10月に公開されロングランヒットを続ける『この世界の片隅に』の米国公開日が2017年8月11日に決定した。公開規模は明らかにされていないが、英語吹き替え版のほか、日本語音声英語字幕版での上映となる。また上映にあたっては、13歳以下の子どもには保護者の指導が必要とする「PG-13」のレーティングがつけられる。
 公開日の8月11日には、広島に原爆が投下された8月6日、太平洋戦争終戦の8月15日の間に位置する。映画のテーマとも併せて話題になりそうだ。

 映画はすでにShout! Factoryが北米配給権獲得を明らかにしていたが、さらにファニメーション(Funimation)が配給に参加する。ファニメーションは日本映画・アニメを得意とし、2017年4月には『君の名は。』を公開したばかり。311スクリーンでスタートした本作は、現在も上映が続いており累計興行収入481万ドルだ。メディアからの高い評価もあり、2017年に北米で公開された外国語映画では、インドの『Baahubali 2: The Conclusion』に続く興行収入第2位に位置する。
 2016年に国内では『君の名は。』と並ぶ話題になった『この世界の片隅に』が米国でどのような評価を受けるか気になるところだ。

 配給のShout! Factoryは、ジャンル映画を得意とする配給会社として知られている。SFやファンタジー、ホラー、コメディアーなどを多く扱っている。近年はアニメーションにも力を入れている。2016年には、各国のアニメーション映画祭で高い評価を受けたヨーロッパ作品『Long Way North』の配給が注目された。日本アニメでも『デジモンアドベンチャー tri.』をラインナップしている。
 一方でShout! Factoryは、これまではDVDやBlu-rayの発売・販売を中心としてきた。劇場ビジネスは必ずしも得意でない。ファニメーションは近年、劇場へのビジネスを進めており、『君の名は。』以外にも興収800万ドルを超えた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』や『シン・ゴジラ』、『バケモノの子』といった日本映画を配給した実績がある。Shout! Factoryは、ファニメーションの協力を得ることで、配給と日本映画・アニメファンにアプローチする。

 国内では公開から半年が経った『この世界の片隅に』だが、海外での上映はこれから本格化する。6月にフランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてクロチアのザクレブの国際アニメーション映画祭「Animafest」のふたつで、長編部門にノミネートされている。
 フランス公開も2017年9月が決定している。また米国公開で、米国アカデミー賞へのノミネートの期待もかかる。2017年は『この世界の片隅に』が世界に広がる年になりそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る