テレビ東京 アニメ局にアニメ管理部を設立 海外・配信事業拡大に対応

企業ニュース

 テレビ東京は2017年6月27日付で、アニメ局に新たに「アニメ管理部」を新設する。アニメ局は、4月にコンテンツビジネス局からMDビジネス部を移管されたばかりである。テレビ東京によれば、MDビジネス部の移管に加えて、海外事業や配信事業の拡大もあり、計数管理が業務が拡大しているためだ。
 アニメ管理部の設立で、アニメ局はアニメ事業部、アニメ制作部、ビジネス促進部、MDビジネス部、アニメ管理部の1局5部門体制となる。アニメビジネスの伸長と共に、アニメ局の組織も拡大する。
 2017年3月期の同社のアニメ事業の売上高は、169億6200万円で前年比15.1%増、粗利益は61億2800万円(25.3%増)だった。これはテレビ東京の売上高の15%にあたる。

 このほか組織再編では、編成局の下にあったドラマ制作局が制作局に移管された。ドラマ制作部門とバラエティ制作部門が統合される。コンテンツ制作の体制を強化する。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る