バンダイナムコHD通期売上利益が過去最高 映像・音楽売上高562億円

ファイナンス決算

 エンタテイメント大手のバンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)が、2017年5月10日に発表した2017年3月期通期決算が、売上高、利益で過去最高に達した。近年の同社の好調ぶりをあらためて見せつけた。
 連結売上高は前年比7.7%増の6200億6100万円で初めて6000億円の大台を超えた。さらに営業利益は632億3800万円(27.4%増)、経常利益は632億9000万円(24.7%増)、こちらも600億円超えは史上初だ。当期純利益は441億5900万円を確保した。
 トイホビー部門は弱かったが、スマートフォン向けゲームアプリが牽引したネットワークエンターテインメント部門が大きく伸びた。アニメのヒット作が多かった映像音楽プロデュース部門も好調だった。

■ 家庭用ゲーム減少も、スマホ向けコンテンツが好調
 ネットワークエンターテインメント事業の売上高は3802億7300万円(18.5%増)、営業利益442億9800万円(85.1%増)。
 このうちネットワークコンテンツは52%増で1586億円、全体の4割を超えた。国内外で『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』、『ワンピース トレジャークルーズ』が人気を集めたほか、国内で『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』が支えた。
 一方、家庭用ゲームは、欧米で『DARK SOULS Ⅲ』や『ドラゴンボールゼノバース2』が好調だった。しかし、売上高は9.6%減の866億円と伸び悩んでいる。業務用ゲーム機は622億円(7.4%増)、アミューズメント施設は609億円(3.9%増)と収益の改善が進んでいる。

■ 「ラブライブ!」シリーズ、「ガルパン」が大きな貢献
 映像音楽プロデュース事業も好調だ。同部門はバンダイビジュアルを中心に、ランティス、サンライズ、バンダイナムコピクチャーズなど映像・音楽関連グループ会社で構成される。ビジネスの大半はアニメ、アニメ音楽に関連したものである。売上高は8.3%増の562億2900万円、営業利益は134億3600万円。
 「ラブライブ!」シリーズが依然高い人気となっているほか、『ガールズ&パンツァー』の劇場映画が貢献した。また『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の映像ソフトも好調だった。
 映像と音楽のパッケージソフトは期初見込みの173億円を上回る191億円と前年を7.3%上回った。またアニメーション制作やライセンス、配信、イベントなどの売上高も期初予想の257億円を大きく超える371億円になる。前年比8.1%増である。好調とされた前年を上回る実績をだしている。2018年3月期はパッケージ販売が173億円、制作・ライセンス・配信・イベントでは327億円を計画する。

■ アジア地域で利益が伸長
 トイホビー事業の売上高は1932億2900万円(6.4%減)、営業利益は109億9100万円(33.3%減)である。『妖怪ウォツチ』の売上が前年の1/3と落ち込みが大きかったが、仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズが伸びた。また、ガンダムシリーズ、ドラゴンボール、アンパンマン、プリキュアシリーズも堅調だった。

 海外売上高はグループ全体で1871億円に達する。総売上高の3割を超える大きさだ。売上高ではアメリカが495億3900万円(13.7%増)と復調が窺える。一方、アジアは利益が伸びている。売上高は407億2400万円(3%増)だが、営業利益は78億700万円と49.1%もの成長となった。
 バンダイナムコHDは、中期計画の重点戦略として引き続きグローバル展開を進めるという。さらに「IP軸戦略の進化」、「ビジネスモデル革新への挑戦」を掲げる。2018年3月期の連結売上高は6000億円、営業利益570億円、経常利益580億円、当期純利益400億円を予想する。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る