ウォルト・ディズニー・ジャパン ブルーレイ・DVD事業をハピネットに移管

DVD/Blu-ray

 国内のビデオソフト市場が緩やかに減少するなかで、映像各社によるブルーレイ/DVDの発売事業の集約が加速している。
 2024年5月13日、エンタテイメント商材流通などの大手ハピネットは、2024年10月1日からディズニーブランドの国内ブルーレイとDVDの製造・販売を開始すると発表した。ハピネットの子会社ハピネット・メディアマーケティングが、ウォルト・ディズニーの日本法人とホームエンターテイメントライセンス契約を締結した。

 現在、ディズニーの国内映像ソフトは、ウォルト・ディズニー・ジャパンが製造・販売をしている。しかし今年(2024年)2月に、本国でウォルト・ディズニーは、映像ソフト事業から撤退を表明したばかりだ。米国・カナダでは映像パッケージ事業はソニーグループに移管される。
 このため日本での同事業の行方が関心を集めていた。しかし北米で事業を受託するソニーグループは、日本では逆に3月にソニー・ピクチャーズが自社の映像パッケージ事業をハピネットに委託すると発表したばかりである。結局、ソニー・ピクチャーズに続きディズニーも、ハピネットに映像パッケージ事業を委ねることになる。

 ハピネットは映像・音楽ソフト、ゲームソフト、玩具などの中間流通の国内大手として知られている。また、こうした流通ネットワークの強みも活かして、映画やドラマ、アニメーションなどの企画・製作、映像ソフトの企画、制作、販売などに広く進出している。映像分野においては、企画・製作から流通・販売までノンストップで扱うのが強みであり、特徴でもある。
 ブルーレイとDVDの市場自体は縮小傾向が続くが、今後もある程度のボリュームは残る可能性が高い。ハピネットにはそのなかで取扱量を増やして効率化することで、利益が確保できるとの狙いがありそうだ。

 ディズニーのタイトルには、ディズニーブランドやピクサーのアニメーション、マーベルブランドのアメコミ原作作品映画などヒット作が多い。こうしたラインナップが、ハピネットの商品に揃うことになりそうだ。日本のアニメ関連では、スタジオジブリの各作品の映像ソフトをディズニーが取り扱っている。今後は、こちらの動向も関心を集めそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
  2. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  3. 「アニメーションの表現」
     2023年10月23日から11月1日まで開催されている第36回東京国際映画祭は、昨年より上映本数、…
ページ上部へ戻る