徳島VR映像祭、VRアニメもテーマ マチ★アソビでプレイベント開催

徳島VR映像祭

 2017年5月5日から7日まで、徳島市にて「徳島VR映像祭」が開催される。新たなエンタテイメントとして、近年、盛り上がるVR(Virtual reality)にフォーカスした映像イベントである。
 同期間、徳島にてアニメやマンガ、ゲームなどをテーマにしたイベント「マチ★アソビ」が開催されるのに合せてプレイベントとして実施される。「マチ★アソビ」は地域発、ファンコミュニケーションにフォーカスした個性たっぷりのイベントだが、そこに最先端の映像テクノロジーが加わる。
 期間中は、VRの認知度アップと普及を目的に、最新のVRを上映、紹介する。VRをテーマにしたトークイベントも設けられる。
 
 会場が「マチ★アソビ」と同じこともあり、アニメに関連した映像上映や企画も盛りだくさんになっている。まず5月6日16時からは、あわぎんホールにて「VRはアニメの未来を変えるのか!?」とタイトルしたセッションが行われる。『楽園追放 -Expelled from Paradise-』や『鋼の錬金術師』でお馴染みの水島精二監督も登壇して、VRのクリエイターらとトークを交わす。
 また市内フルダイブハウスでは、5月5日から7日まで「VRアニメーション祭り」として、国内外のVRアニメーションの体験会を実施する。『Mikulus』、『ジャンプミュージアム』他が登場する。5日11時~12時半には、ufotable CINEMAで出張VR体験会も行う。

 次世代の映像として長年、注目されてきたVRは、ハードウェアの開発・普及、そして配信プラットフォームやスマートフォン向けビジネスの開発などもあり、ここ1、2年で急激に広がりをみせている。
 しかし、現在の普及のエンジンは、インタラクティブ性の強いゲームが中心となっている。VR普及の第2段階として、今後は映像分野での伸長が期待される。そうしたなかで、現在どのようなVR映像が開発され、そこにどのような可能性があるのか、徳島VR映像祭はそんなことを知るよい機会にもなりそうだ。

徳島VR映像祭
https://tokushima-vrfes.com
2017年5月5日(金・祝)~5月7日(日)

関連記事

ピックアップ記事

  1. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
  2. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
  3.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
ページ上部へ戻る