サイバーエージェントとDMM GAMES アニメ・ゲームで共同プロジェクト アニメ制作にC2C

サイバーエージェント、DMM GAMES

 サイバーエージェントとDMMグループが、共同でアニメ・ゲームのメディアミックスプロジェクトに乗り出すことになった。2020年3月16日、サイバーエージェントのアニメレーベル「CAAnimation」とDMMグループのゲーム会社「DMM GAMES」は、アニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトをスタートさせると発表した。
 このプロジェクトで両社は、共同で企画・原作開発を行う。アニメーション制作はC2Cが、ゲーム開発・展開はDMM GAMESが担当する。アニメ、ゲームとも2021年のリリースを目指す。

 開発作品のタイトルは現時点で未発表、しかしすでに本作の出演権が与えられる新人声優のための「スマイルオーディション」が実施されている。オーディションは、サイバーエージェント系の声優・アーティストのマネジメント会社Digital Doubleとジャストプロが主催している。
 アニメーション制作のC2Cは、2009年に設立された新進のアニメスタジオ。多くの人気作品に制作参加してきた。2018年には初の『はるかなレシーブ』で元請制作に進出、現在は『ひとりぼっちの〇〇生活』、『社長、バトルの時間です!』を企画・制作する。

 サイバーエージェントは、インターネットを軸にした総合企業で、広告やメディア、ゲームなどを幅広く手がける。近年はアニメ事業にも積極的に進出する。2017年にはCAアニメファンドを設立、製作出資に乗り出した。2018年にアニメーションプロジェクトの「CAAnimation」を立ち上げた。
 当初より自社原作・企画のアニメを視野しており、これまでにも音楽ジャンルとの連動するテレビアニメ『IDOLY PRIDE』を発表している。こちらは音楽事務所のミュージックレイン、クリエイティブマネジメントのストレートエッジが参加する。今回はゲーム連動の企画にいよいよ乗り出す。

 またDMM GAMESは2011年の事業スタート以来、PC向け・スマホ向けのゲーム企画・開発・運営を展開する。スマホアプリゲーム業界は、近年、中国企業の日本市場進出などもあり競争が激化している。ゲーム差別化のキーとなる有力作品・キャラクターを取り合い状態になっている。
 こうしたなかゲーム展開の有力パートナーを求めるサイバーエージェントと、有力コンテンツを求めるDMM GAMESが結びついた。
 サイバーエージェントはグループ内に多くのゲーム会社を抱えるが、今回が敢えてビジネスパートナーをグループ外に求めたのがサプライズになる。これまで新しいスキームを求める同社の事業にかける意欲の大きさが現れたかたちだ。今後はさらにグループ企業も巻き込んでプロジェクトがどう展開するかが注目される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©1998 ピカチュウプロジェクト
     国内最大の国際映画祭である東京国際映画祭が、9月29日に俳優の役所広司氏や是枝裕和監督、深田晃司監…
  2. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  3. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
ページ上部へ戻る