サイバーエージェントとDMM GAMES アニメ・ゲームで共同プロジェクト アニメ制作にC2C

サイバーエージェント、DMM GAMES

 サイバーエージェントとDMMグループが、共同でアニメ・ゲームのメディアミックスプロジェクトに乗り出すことになった。2020年3月16日、サイバーエージェントのアニメレーベル「CAAnimation」とDMMグループのゲーム会社「DMM GAMES」は、アニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトをスタートさせると発表した。
 このプロジェクトで両社は、共同で企画・原作開発を行う。アニメーション制作はC2Cが、ゲーム開発・展開はDMM GAMESが担当する。アニメ、ゲームとも2021年のリリースを目指す。

 開発作品のタイトルは現時点で未発表、しかしすでに本作の出演権が与えられる新人声優のための「スマイルオーディション」が実施されている。オーディションは、サイバーエージェント系の声優・アーティストのマネジメント会社Digital Doubleとジャストプロが主催している。
 アニメーション制作のC2Cは、2009年に設立された新進のアニメスタジオ。多くの人気作品に制作参加してきた。2018年には初の『はるかなレシーブ』で元請制作に進出、現在は『ひとりぼっちの〇〇生活』、『社長、バトルの時間です!』を企画・制作する。

 サイバーエージェントは、インターネットを軸にした総合企業で、広告やメディア、ゲームなどを幅広く手がける。近年はアニメ事業にも積極的に進出する。2017年にはCAアニメファンドを設立、製作出資に乗り出した。2018年にアニメーションプロジェクトの「CAAnimation」を立ち上げた。
 当初より自社原作・企画のアニメを視野しており、これまでにも音楽ジャンルとの連動するテレビアニメ『IDOLY PRIDE』を発表している。こちらは音楽事務所のミュージックレイン、クリエイティブマネジメントのストレートエッジが参加する。今回はゲーム連動の企画にいよいよ乗り出す。

 またDMM GAMESは2011年の事業スタート以来、PC向け・スマホ向けのゲーム企画・開発・運営を展開する。スマホアプリゲーム業界は、近年、中国企業の日本市場進出などもあり競争が激化している。ゲーム差別化のキーとなる有力作品・キャラクターを取り合い状態になっている。
 こうしたなかゲーム展開の有力パートナーを求めるサイバーエージェントと、有力コンテンツを求めるDMM GAMESが結びついた。
 サイバーエージェントはグループ内に多くのゲーム会社を抱えるが、今回が敢えてビジネスパートナーをグループ外に求めたのがサプライズになる。これまで新しいスキームを求める同社の事業にかける意欲の大きさが現れたかたちだ。今後はさらにグループ企業も巻き込んでプロジェクトがどう展開するかが注目される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る