「現代アニメーション入門(仮題)」準備レクチャー 土居伸彰氏が講演 新たな見取り図を目指す

アニメーター

 近年、国内外ともテレビ番組や劇場映画で、アニメーションが活況を呈している。しかし、アニメーションの豊かさは、街中で見慣れた作品にとどまらない。世界には個性たっぷりな作品で満ち溢れている。 しかし、その領域の広さゆえ、その全容をなかなか見通せないのが現代のアニメーションの世界でもある。
 国内有数のアニメーション研究・評論家である土居伸彰氏が、この広大で複雑化する現代アニメーションの解読に挑む。2017年夏に『現代アニメーション入門(仮題)』(フィルムアート社)から出版を予定だ。
 本書では、世界のアニメーションの現状をマッピングし、日本国内でのアニメーションに対する認識をアップデートする。ここからアニメーションの見取り図を提示するという。 

 この刊行に先立って、土居伸彰氏が講師となり、「現代アニメーション入門 〜アニメーションの認識をアップデートする」を開催する。
 公演では執筆のベースとなるテーマを2つに分けてレクチャーする。さらに質疑応答を講演後に設け、その内容も書籍に反映するという。

 講演は2回で構成、第1回は「アニメーションの現状について、環境の変化という側面から把握する」と題して、2017年5月15日(月)の19時~21時半まで、恵比寿・amuを会場にする。
 第2回は「アニメーションの現状について、表現の変質という側面から把握する」、5月23日(火) 19時~21時半まで、会場は三鷹・SCOOL。いずれも料金は2000円となっている。講義は2回だが、2回併せては勿論だが、それぞれ単独で楽しめる内容を予定している。

 個々の作品やクリエイター、スタジオ、あるいはジャンル、国など、それぞれに関心や理解がある人も多いだろう。しかし、現代アニメーションと銘を打った時に、一体何が見えてくるのか。アニメーションを一望するきっかけとしても、最適な講義になりそうだ。
 
「土居伸彰 新著『現代アニメーション入門(仮題)』 執筆のための準備レクチャー」

■ 第1回 アニメーションの現状について、環境の変化という側面から把握する
2017年5月15日(月) 19:00-21:30(開場18:30)
会場:恵比寿・amu 料金:2,000円
http://peatix.com/event/261591

■ 第2回 アニメーションの現状について、表現の変質という側面から把握する
2017年5月23日(火)19:00-21:30(開場18:30)
会場:三鷹・SCOOL 料金:2,000円
http://scool.jp/event/20170523/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る