デイタイム・エミー賞アニメーション3部門 ポリゴン・ピクチュアズ「Lost in Oz: Extended Adventure」が受賞

『Lost in Oz: Extended Adventure』

■ ポリゴン・ピクチュアズ、ファンタジー作品でも実力発揮

 2017年4月28日、米国カリフォルニア州パサデナにて、第44回デイタイム・エミー賞の授賞式が開催された。この場で過去1年間の最も優れた放送番組とそのスタッフ・出演者を讃える各賞が発表された。
 このうち子ども向けアニメーション番組部門(Outstanding Children’s Animated Program)のアワードを、日本のCGスタジオのポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作する『Lost in Oz: Extended Adventure』が獲得した。本作は5部門にノミネートされたが、アニメーション番組音響部門(Outstanding Sound Mixing–Animation)、アニメーション番組音響編集部門(Outstanding Sound Editing–Animation)も受賞し、3冠と大きな成果を残した。

 エミー賞は、米国テレビ芸術科学アカデミーが主催する放送番組のアワードとして有名だ。映画におけるアカデミー賞にあたる。「プライムタイム」、「デイタイム」、「スポーツ」、「ニュース&ドキュメンタリー」、「技術」、「リージョナル」、「国際」など複数のアワードから構成されている。
 デイタイム・エミー賞は、このうち昼間帯に放送される番組を対象にしている。かつてはテレビ放送番組が中心だったが、現在は配信番組も対象にし、キッズ・ファミリーに向けたアニメーションは「デイタイム」がカバーする。

 『Lost in Oz: Extended Adventure』も、そうした配信番組のひとつだ。映像配信プラットフォームのAmazon プライム・ビデオと製作会社Bureau of Magicがオリジナルのアニメーションシリーズとして企画した。世界的に知られたファンタジー小説『オズの魔法使い』を翻案している。ポリゴン・ピクチュアズは、本作のアニメーション制作を担当。同社の塩田周三氏、ジャック・ライアン氏も、エグゼクティブ・プロデューサーとして作品に加わっている。
 ポリゴン・ピクチュアズは、これまでに『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』、『トランスフォーマー プライム』でもデイタイム・エミー賞を受賞している。ファンタジー作品でも、グローバルで評価される実力を示した。

■ アワードはNetflixとAmazonが席巻 ドリームワークス・アニメーションが7冠

 40年を超える歴史を持つデイタイム・エミー賞だが、今年の受賞作・受賞者のリストは、時代の変化を感じさせるものになった。ネッットワーク別の受賞数で、Amazonが13部門、Netflixが11部門を獲得した。これは地上波ネットワークのCBC、PBS(ともに9部門)、NBC(8部門)やケーブルテレビ局HBO(5部門)を大きく引き離す。いまや映像配信プラットフォームは、番組づくりで従来のテレビ局を凌駕する。
 もともとデイタイム・エミー賞は、テレビ放送の時間帯を基準に選考対象作品を規定している。しかし、視聴時間に制約がない配信番組の躍進で、受賞者とアワードのタイトルにずれが生じている。これも配信プラットフォームのもたらした変化の大きさを物語る。

 一方、AmazonとNetflixの躍進は、アニメーション番組の充実も大きな理由になっている。Amazonは『Lost in Oz: Extended Adventure』の他、『The Snowy Day』、『Tumble Leaf』といったアニメーション作品が受賞している。
 Netflixはさらに顕著だ。11部門のうち7部門をドリームワークス・アニメーション製作の『Trollhunters』(6部門)と『Dinotrux』(1部門)が占めた。さらに『Beat Bugs』もあり、アニメーションが受賞の大半を占める。
 ドリームワークス・アニメーションは独自の放送局を持たないことから、早い段階からNetflixと強力な関係を結び、オリジナル作品を製作してきた。そうした戦略が成果に現れている。ここでもアニメーションスタジオとメディアの新たな関係が見える。

デイタイム・エミー賞
http://emmyonline.com/daytime

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る