「あにめたまご2018」 アニメーション制作4団体、アニメーター参加者募集開始

アニメーター

 日本動画協会は、2017年4月21日より平成29年度(2017年度)若手アニメーター等人材育成事業に参加するアニメーション制作の企業・団体の募集を開始した。参加する企業・団体は若手アニメーターを育成しながら、2018年2月中旬までに24分程度のオリジナルアニメを制作する。
 今年度の募集はこれまでと同様4団体で、1作品あたりの予算は3800万円。応募書類は5月11日18時まで郵送で受け付ける。応募企画は有識者による選定評価委員会の審査を経て、この中から制作団体を決定、結果は5月下旬頃から6月初旬に発表される。

 若手アニメーター等人材育成事業は、文化庁が国内のアニメ振興を目的に若手アニメーターの育成を目的に2010年度から実施している。これまで延べ28企業・団体が制作した。2014年度から日本動画協会が運営をしており、2015年度から「あにめたまご」の名称を用いている。
 前年度は、『ちゃらんぽ島(ランド)の物語』(スタジオコメット)、『RedAsh -GEARWORLD-』(スタジオよんどしい)、『げんばのじょう-玄蕃之丞-』(日本アニメーション)、『ずんだホライずん』(ワオ・コーポレーション+スタジオ・ライブ+SSS合同会社)が選ばれている。これらの作品は4月22日から28日までの1週間、東京・テアトル新宿でレイトショー上映も行われる。アニメーターの育成と同時に、4つものオリジナル企画の作品が登場することが、毎年アニメファンの楽しみになっている。

 また、日本動画協会では、制作企業・団体だけでなく参加アニメーターの募集も行っている。こちらは前年度から導入された取り組みである。
 若手アニメーターが、企業・団体の枠を超えて「あにめたまご」の事業に参加できる枠組みだ。経歴のある原画アニメーターの推薦を得ることでウェイティングリストに登録、アニメーション制作企業・団体はこのウェイティングリストからアニメーターの参加者を選ぶことが出来る。こちらの応募締切も、5月22日18時必着となる。

あにめたまご https://animetamago.jp/
一般社団法人 日本動画協会 http://aja.gr.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る