乙女向け恋愛アプリのボルテージが通期決算発表 海外向け注力も伸び悩む

ファイナンス決算

女性向けの恋愛アプリのタイトルを数多く展開するボルテージが、8月12日に2016年6月期の通期決算を発表した。連結売上高は112億1900万円(5.8%増)、営業利益は5億3000万円(13.6%増)、経常利益が4億8800万円(0.6%増)である。売上高、営業利益とも増加したが、不発に終わったLINE GAMEユーザー向けの『悪魔と恋する10日間』の減損損失を計上したことから、最終的には当期純損失が2億1000万円になった。
スマートフォン向けのアプリを提供する会社は数多いが、ボルテージは若い女性向けの恋愛アプリに特化しているのが特徴である。またアプリはストーリー性を重視しており、同社ではゲームではなく恋愛ドラマアプリと呼んでいる。さらにこれを国内だけでなく英語圏にも積極展開している。これらのジャンルだけで年間売上高が100億円を超える。ニッチな市場で大きなボリュームを掴むユニークな戦略を持つ。

ボルテージは事業セグメントもユニークだ。恋愛向けドラマアプリを日本版と英語版の市場ごと区分し、さらにストーリーに合わせてサスペンスアプリを別区分に設ける。
このうち主力の日本版恋愛ドラマアプリは堅調で売上高94億6700万円と6%増、経常利益も13億5600万円と13%の増加となった。とりわ『天下統一‐恋の乱 Love Ballad』、『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』が好調だった。一方『花より男子』、『悪魔と恋する10日間』は苦戦した。『悪魔~』はLINE GAMEユーザーとの親和性、運用が苦戦の理由としている。
英語版の売上高は16億8000万円と13%増加したが、営業損失は3億8400万円に拡大した。新規タイトルが低調で、全体で横ばいとなっている。新規事業として先行投資の重さが赤字の理由とみられる。
一方サスペンスアプリは売上高4300万円、前年比で79%減である。前年に引き続き赤字で3億500万円を計上している。

会社は全体としてみれば堅調だが、新規事業は脚踏み上程である。このため企業経営からは危機意識が感じられる。2016年7月1日付で代表取締役会長の津谷祐司氏が、代表取締役社長に復帰、会長職と兼務して経営の指揮を執る。
また今期注目されるのが、戦略子会社である株式会社ボルモの設立だ。社名は「ボルテージ」と「モーション」を掛け合わせていることから分かるように、アニメのようなコンテンツを目指すという。動画時代に合わせた新しいタイトルを目指す。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る