ブシロード、今期業績予想修正 予想困難なため未定に

ファイナンス決算

 エンタテインメント会社のブシロードが、2019年9月13日に開示していた2020年7月期(19年6月~20年7月)までの連結業績予想の修正を明らかにした。新た業績予想数値を開示せず、未定とする異例の修正になった。
 これは1月以来、国内外で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大しているためである。ブシロードは、これがグループの主力事業であるライブ IP 事業に影響を与えている説明する。新日本プロレスの興行や音楽ライブ、イベントの延期・中止が発生しており、当初見込んだ実績が達成できないリスクが高まっているという。

 また現在の状況において、今後の業績を見通すことは極めて困難とし、2020年7月期の連結業績予想を未定とした。業績予想が可能となった時点で、公表する予定だ。
 修正前の業績予想では売上高360億円、営業利益と経常利益が各31億円、当期純利益18億円の増収増益としていた。
 エンタテイメント関連では、映画関連の東宝、松竹などが今期の業績予想の開示を見送っている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©1998 ピカチュウプロジェクト
     国内最大の国際映画祭である東京国際映画祭が、9月29日に俳優の役所広司氏や是枝裕和監督、深田晃司監…
  2. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  3. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
ページ上部へ戻る