「誰がこれからのアニメをつくるのか? 中国資本とネット配信が起こす静かな革命」3月24日発売

誰がこれからのアニメをつくるのか? 中国資本とネット配信が起こす静かな革命

3月24日発売

   『誰がこれからのアニメをつくるのか?
      中国資本とネット配信が起こす静かな革命』

    数土 直志 (すど ただし)
    (星海社新書)
    税込:900円(税抜)

    [星海社の紹介ページのリンク]
    http://www.seikaisha.co.jp/information/2017/03/15-post-tagaanime.html    
    [Amazonへのリンク]
    https://goo.gl/jfPJ4h

 2017年3月24日に星海社/星海社新書より本を出版することになりました。

 2017年の日本のアニメを取り囲む状況を見渡し、この先、日本のアニメはどう変わっていくのか? という疑問から書き進めたものです。
 そのなかで「誰がこれからのアニメをつくるのか?」を中心に、監督、プロデューサー、企業などについて考えています。

 2015年、16年に、急激に浮上した「中国資本」と「ネット配信」について、特に大きく触れています。彼らは、これからの日本アニメのビッグプレイヤーになるのか? 僕がいまもっとも気になっているテーマでもあります。

 2016年、17年のアニメを知り、さらに未来を見通す。
 もし、よろしければ是非、手に取っていただければと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る