デンマークでオリジナル企画開発 滞在3週間で世界を目指す


 デンマークに滞在しながら、国際レベルの作品コンセプトを開発する日本とデンマークが連携したアーティスト・イン・レジデンスのプログラム「ニッポンノルディック – ユニバース・アクセラレータ(NipponNordic – Universe Accelerator)」が2017年9月に実施される。デンマーク・ヴィボー市に滞在しながら、アニメーションやゲームなどのコンテンツのためのコンセプト開発を進めるものだ。
 本プログラムの参加者の募集がこのほどスタートした。対象はアニメやゲーム、脚本などの分野ですでに経験のある若手・中堅のクリエイターとなる。実践的な教育を通じて、短期間で国際レベルの企画を創り出す。

 プログラムの運営は、アニメーション分野の専門教育で定評のあるデンマーク国立総合大学VIA University Collegeのアニメーション・ワークショップ(TAW)となる。プログラム期間は9月11日から29日までを予定している。
 期間中は、ケーススタディ研究や個別指導、さらにヨーロッパからの参加者とのグループ活動などを通じて、コンセプト開発を進める。国境を越えたコミュニケーションやネットワーキングの獲得も可能だ。
 また完成したプロジェクトコンセプトは、ヨーロッパと日本のプロの前でピッチングを実施する。最優秀プロジェクトに選ばれると、フランス・アヌシーの国際アニメーション見本市MIFAやアジア‐EU CARTOON CONNECTIONなどでのピッチ参加の機会も得られる。プロジェクト続行のためにヴィボーにさらに滞在することも可能だ。

 充実したプログラムの一方で参加費は900ユーロ(約11万円程度)と低く設定されている。ここに渡航費、研修費のほか滞在費、昼食などが含まれる。参加者は既に、各分野で経験を積んでいることが求められる。
 プログラムの詳細は公式サイトで確認出来る。また3月10日18時45分から東京丸の内のStartup Hub Tokyoで、プログラムを紹介するセミナーも開催される。TAW代表でニッポンノルディックのジェネラル・マネージャーを務めるモートン・トーニン氏、プロジェクト・マネージャーのクレマンス・ブラガール氏が来日し、プレゼーテションをする。また参加者からの質問にも直接答える。

ニッポンノルディック – ユニバース・アクセラレータ
(NipponNordic – Universe Accelerator)

https://www.nippon-nordic.com/

[セミナー・説明会]
2017年3月10日(金) 18時45分~20時半 
Startup Hub Tokyo ラウンジスペース(https://startuphub.tokyo)
(参加無料、事前申込制)
http://nipponnordic2017.blog.jp/archives/496280.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る