東京テアトル第3四半期 映画事業が好調 「この世界の片隅に」「アンパンマン」がヒット

ファイナンス決算

 劇場アニメ『この世界の片隅に』の大ヒットが、本作を配給した東京テアトルの業績を押し上げている。東京テアトルは2017年2月8日、2017年3月期第3四半期の決算を発表した。
 連結売上高が139億900万円(15.2%増)。一方で、営業利益は1億9800万円(49%減)、経常利益は2億7100万円(40.5%減)、当期純利益は1億6200万円となった。

 全体では増収減益であったが、映画関連事業に限定すると増収増益で高い伸びを見せた。第3四半期までの売上高は32億2800万円と29.6%増、さらに営業利益は1億7300万円と117.5%増である。配給部門と劇場運営の映画興行部門の双方が増収となった。
 業績を牽引したのは2016年11月に公開した片渕須直監督の劇場アニメ『この世界の片隅に』の大ヒットである。東京テアトルは本作の配給をしたほか、製作出資も一部行っている。
 興行収入は公開スタート時のスクリーン数が二桁の作品としては驚異的な、20億円規模となっている。作品は1月以降も公開が続いており、第4四半期の業績にも貢献しそうだ。

 東京テアトルの映画館数は全国9館、23スクリーン。配給作品が例年、数多くの映画賞に輝くように、優れた良質の作品を小規模に公開することを得意としている。『この世界の片隅に』ではこれに興行的な広がりが加わった。同作の興行収入は、東京テアトルの配給作品のなかで過去最高を記録している。
 このほか映画興業では、『シング・ストリート未来へのうた』『オーバー・フェンス』が好調であった。

 また配給では、キッズ向け作品も健闘している。16年7月公開の『それいけ!アンパンマンおもちゃの星のナンダとルンダ』は、シリーズの配給が東京テアトルに移って以降では、過去最高の興行収入である。『映画きかんしゃトーマス探せ!!謎の海賊船と失われた宝物』も好成績だったとしており、今後はシリーズ化を目指すとしている。
 さらにテレビドラマ『ディアスポリス 異邦警察』、映画『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』の制作受託や、映画のテレビコマーシャル、大型のセールスプロモーションなども売り上げを押し上げた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る