タツノコプロ第3四半期は減収減益 2期連続の減少

ファイナンス決算

 日テレホールディングスは、2017年2月2日の17年3月期第3四半期決算に合せてアニメーション会社のタツノコプロの同期間の決算も公開した。
 売上高が12億1800万円と8.3%減となったほか、営業利益は600万円(85.7%減)、経常利益は800万円(82.1%減)の減収減益と冴えない。そして四半期純損失4700万円と最終は赤字転落となった。減収減益は2期連続である。

 タツノコプロは、1962年創立の国内老舗のアニメ会社。タイムボカンシリーズや『科学忍者隊ガッチャマン』、『新造人間キャシャーン』など人気タイトルの権利を多数保有する。2014年より日テレホールディングスとなった。
 現在は、女児向けの「プリパラ」シリーズ、キッズ向けの『タイムボカン24』などのアニメーション制作を手がけている。また17年6月公開の映画『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』も。タツノコの制作だ。
 また自社コンテンツのマルチメディアな活用にも積極的で、5月には同社のアニメを原作とした実写アニメ『破裏拳ポリマー』がKADOKAWA配給で全国公開される。
 日テレホールディングスは、もう1社別のアニメ会社マッドハウスも子会社としている。しかし、マッドハウスの業績は開示されていない。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. オーバン・スターレーサーズ
     2006年に日本とフランスが共同制作された『オーバン・スターレーサーズ』は、世界中で放送され人気を…
  2. 鼎談
     2018年10月にフジテレビが立ち上げた深夜アニメ枠「+Ultra」は、「海外にアニメカルチャーを…
  3. 左)安田賢司監督、右)福井晴敏氏
    10月8日(金)、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』が劇場上映を…
ページ上部へ戻る