「Disney+」国内サービス6月11日スタート NTTドコモと独占的協業

Disney+

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは、同社のサブスクリプション(定額課金)型配信サービス「Disney+」の国内提供を2020年6月11日よりスタートする。2020年5月29日、正式発表した。
 利用価格も明らかになっており、月額770円(税込)の定額で豊富なラインアップが見放題になる。日本国内サービス開始にあたっては、NTTドコモとの協業を軸とする。申し込みは「Disney+」公式サイトのほか、ドコモショップやMy docomoでも可能で、dアカウントが必要になる。
 ディズニーは19年3月から別の配信サービス「ディズニーデラックス」でもNTTドコモと提携してきた。「Disney+」でも同様のパートナーシップに取り組む。日本最大の携帯通信会社と手を組むことで、マーケットの拡大を狙う。また「ディズニーデラックス」の入会者は「Disney+」の利用も可能となり、事実上両サービスは統合された。

 「Disney+」ではディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックなど同社グループの人気番組が数多く投入される。スタート当初より映画500タイトル以上、テレビシリーズ100タイトル以上が並ぶ。米国で話題を呼んでいるスター・ウォーズシリーズの新作実写ドラマ『マンダロリアン』といった「Disney+」オリジナル作品も売りになる。
 アニメーションでは、『トイ・ストーリー4』を始め、ピクサーとディズニー両スタジオの大作映画が目玉になるだろう。

「Disney+」は2019年11月に米国開始、グループ力を活かした豊富なタイトルで話題め集めている。短期間で会員数を急激に伸ばしている。すでに全世界の契約数は5000万を超えている。サブスクリプション型配信サービスで世界トップのNetflixの強力なライバルと目されている。
 その後、ヨーロッパやインド、オーストラリアとニュージーランドなどにエリアを広げている。アジア地域ではインドに次ぐ導入で、他の東アジア、東南アジア各国に先駆けたかたちだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る