「この世界の片隅に」、3月メキシコ全国公開 プレミア上映会に片渕監督とのんも


 2016年の全国公開以来、異例のロングランと数々の受賞で話題の劇場アニメ『この世界の片隅に』が、メキシコ公開されることが明らかになった。2017年夏の米国公開が明らかになったばかりだが、メキシコ公開は3月3日からとなる。
 公開にあたっては現地の配給会社Arcade Mediaとジェンコ、MAPPA、Animatsuが協力する。Arcade Mediaは日本映画も得意ジャンルとしており、これまでに『バケモノの子』なども配給している。また日本アニメをテーマにしたイベントArcade Anime Festivalも開催している。

 『この世界の片隅に』の上映はメキシコのニ大映画興行チェーンのひとつCinemexを利用する。Cinemexはメキシコの劇場シェアの4割以上を押さえており、『この世界の片隅に』も全国規模の大きな興行が見込まれる。メキシコは年間興行収入が約1100億円、世界第10位の映画市場である。

 公開に先立って、Arcade Mediaは片渕須直監督と主人公・すずの声を演じた のん がメキシコのファンに向けて挨拶する映像をネット上に披露した。日本のファンにとっては、監督とのん がスペイン語であいさつするのが見どころだ。
 また首都のメキシコシティで、メキシコプレミアが開催されることも明らかにされている。このイベントには片渕監督と のん もゲストで参加するという。現地での映画公開をさらに盛り上げることになりそうだ。

[広告]
2017年3月25日発売
『誰がこれからのアニメをつくるのか? 中国資本とネット配信が起こす静かな革命』

数土直志(著) 
(星海社新書) 税込:950円

[Amazonへのリンク] https://goo.gl/jfPJ4h

関連記事

ピックアップ記事

  1. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
  2. アヌシー映画祭「Tokyo Pitch」
     東京都は地場産業であるアニメの関連企業振興を目指し、このほど情報発信サイト「Tokyo Anime…
  3.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
ページ上部へ戻る