三鷹の森ジブリ美術館、「アニメーション文化調査研究活動」の助成研究者の募集開始

メディア芸術クリエイター育成支援事業

徳間記念アニメーション文化財団(三鷹の森ジブリ美術館)は、2016年12月1日より「平成 28 年度アニメーション文化調査研究活動助成制度」の助成対象研究者の募集を開始した。助成対象に選ばれると、一研究につき最大50万円までの資金が支払われる。
大学、大学院、研究機関などの研究者のほか、博物館や図書館の職員、さらに大学院で研究する学生も応募可能である。2017年1月31日まで申し込みを受付け、選考のうえ対象を決定する。

徳間記念アニメーション文化財団は、2001年に設立された。スタジオジブリの作品を中心にアニメーションの楽しさを紹介する三鷹の森ジブリ美術館を運営する。美術館運営のほか展示企画や関連資料の保存・管理、セミナー、外部でのアニメーション関連展覧会の企画協力も実施する。
もうひとつ大きな活動となっているのが、アニメーション文化の調査研究である。日本のアニメーションスタジオ史やアニメーション作家・作品の基礎的調査も行っている。

アニメーション文化調査研究活動助成制度は、調査研究の一環として長年実施されている。この分野の若手研究者の育成を目的に設立された。関連分野の幅広い領域を対象とするほか、近年は応募対象者の年齢制限も設けられていない。またグループでの応募も可能だ。研究発表が日本語であれば、国籍、在籍地も問わない。
ただし、研究成果は2018年3月31日までに提出する必要がある。また、財団は研究成果を普及啓発活動や出版物で使用する。

募集の詳細は三鷹の森ジブリ美術館のサイトで確認できる。また、2017年1月14日(土)13時半~14時半に、東京・三鷹市のネットワーク大学で説明会が実施される。申請書の書き方や調査研究テーマの選び方、調査研究計画の立て方などのアドバイスを受けることが出来る。
日本でのアニメーション文化は商業面での成功など、世界的に見ても社会での存在感は大きい。しかし、アニメーションの文化的な研究は必ずしも多くない。今後の活性化が期待される分野だ。
他に例がないアニメーション文化研究にフォーカスした助成制度は、こうした活動サポートするものになる。

「平成28年度 アニメーション文化調査研究活動助成制度」の紹介ページ
http://www.ghibli-museum.jp/news/011173.html

■ 説明会
日時: 2017年1月14日(土) 13:30~14:30
場所: 三鷹ネットワーク大学 三鷹市下連雀3-24-3 三鷹駅前共同ビル3階
※説明会の参加なくとも助成制度の応募は可能。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る