日本の商業アニメーション100年、中間報告書公開 「アニメNEXT100」サイトも稼働

アニメ NEXT100

 2017年は、1917年の日本の商業アニメーション誕生から100周年にあたるという。この節目の年に合せてアニメ業界では、さらなる業界の発展を目指す「アニメNEXT100」をスタートさせた。まず2017年から2020年を第一ステップとして、3つのプロジェクトをスタートする。
 日本のアニメーション文化の100年を網羅し、検証する「日本のアニメ大全」、教育にフォーカスした「アニメーション教育・人勢発掘・育成」、さらに国内外にアニメーションの文化とパワーを発信する「アニメの未来」である。この3つの方向を推進することで、さらにアニメ文化の基盤づくりを目指す。

 プロジェクトスタートに合わせて、2016年11月にはキックオフシンポジウムも開催されたが、2017年1月にはさらに、公式サイトにて「日本アニメ大全」の中間報告が公開された。
 中間報告は、「日本アニメ大全」の起点ともなる国産商業アニメーション映画第一号に関する調査レポートである。渡辺泰氏、大徳哲雄氏、木村智哉氏、笠井修氏、神北恵太氏、山脇壮介氏、檜山大悟氏らがまとめたものだ。
 調査の中では、過去の文献から下川凹天と幸内純一、北山清太郎を国産アニメーション映画の創始者とする。このうち下川凹天の『凸坊新画帖 芋助猪狩の巻』が日本で初めて公開された国産アニメーションである可能性が極めて高いとしている。

 「アニメNEXT100」の公式サイトでは、1917年1月より2017年1月まで国内で制作発表されたアニメの作品数を1万1723作品、エピソード数が15万8442話であることも明らかにしている。
 さらに日本のアニメ100年に寄せてのリレーメッセージを掲載。キックオフシンポジウムのレポートも伝える。今後も「アニメNEXT100」にまつわる情報を発信していく。

アニメNEXT100 http://anime100.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る