2016年音楽ソフト生産は2457億円、前年比3%減 洋楽の落ちこみ厳しい

音楽

 日本レコード協会は加盟各社によるレコード生産実績をとりまとめて、2016年1月~12月の音楽ソフトの生産実績を発表した。累計生産数量は2億1298万枚、前年比5%との減少となる。また金額では2457億円と前年比3%減だった。
 音楽ソフトは、シングルやアルバムの音楽CD・アナログディスク・カセットテープ、さらにDVD・Blu‐rayなどの音楽ビデオを合算したものにあたる。生産高は近年の音楽デジタル化のトレンドもあり、長期低落傾向にあり、4年連続の減少となった。しかし、下落率は3%と小幅にとどまった。

 こうしたなかで堅調だったのがシングルレコードで、年間生産額は429億円の3%の増加である。また、金額は少ないがらアナログディスク(レコード盤)の生産が14億5500万円と24%の高い伸びとなっている。全体に占める割合も5%を超える。最近のアナログブームを裏付ける結果となっている。
 一方で、ジャンル別に見た時の洋楽の厳しさが際立った。邦楽の2%減少に対して、洋楽は17%と二桁の減少となっている。オーディオと音楽ビデオを合せた生産額は217億円と初めて全体の10%を割った。

 日本レコード協会は、このほか加盟会社によるビデオレコード(DVD・Blu‐ray)の生産額も明らかにしている。こちらは音楽ビデオを含めて1673億円、ほぼ前年並みだった。
 なお有料音楽配信の実績は、2月下旬に公表予定だ。

日本レコード協会
http://www.riaj.or.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る