日曜日夕方「ポケモン」と「BORUTO」で勝負 テレビ東京に新編成アニメ1時間枠

テレビ

 アニメ事業が好調なテレビ東京が、2018年秋の番組編成でも人気アニメの重視を打ち出した。10月期のテレビ番組改編で、アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』と『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』の放送時間を日曜日の夕方に移動する。
 『ポケットモンスター』は現在木曜日18時55分から、『BORUTO』はその後の木曜日19時25分から放送している。これを10月7日より、『BORUTO』を日曜日の17時半から、『ポケットモンスター』を18時からとする。木曜日の一時間枠が、番組の前と後ろを入れ替えながら丸々スライドするかたちだ。同じ夕方の時間ではあるが、より視聴者が多く見込める日曜日にシフトすることでさらなる人気の盛り上がりが期待できる。
 同枠は現在、『知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~』と『車あるんですけど…?』のドキュメンタリー系の番組が放送されている。10月からは新規のアニメ枠との位置づけだ。

 アニメ『ポケットモンスター』は、1997年に人気ゲームのキャラクターを主人公にして放送を開始した。当初は火曜日の夕方から、1998年4月からは木曜日夕方の定番となった。21年もの間、ファンから愛されてきた。
 『BORUTO』は、2017年春に長年の放送を終了した人気アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』を引継ぎ17年4月より放送した人気シリーズ。『NARUTO』に登場したキャラクターの子どもたちの世代が主人公になって活躍する。『NARUTO』
アニメの放送は当初は水曜日の夕方から、2018年5月の放送時間を変更で、『ポケットモンスター』と並んだ編成になっていた。こちらも『NARUTO』時代から数えると16年もの長寿シリーズである。

 休日の夕方に移動することで、他局の『サザエさん』や『ちびまる子ちゃん』、『名探偵コナン』のような国民的アニメ番組の位置も視野にはいる。とりわけ『ポケットモンスター』は、2016年からのスマホアプリゲーム『ポケモンGO』の大ヒットもあり、作品の認知度は高い年齢層にも広がっている。家族で見られる番組として受け入れられる可能性は高い。
 一方で18時からの同じ時間帯は、現在フジテレビが『ちびまる子ちゃん』を放送している。人気アニメが正面からぶつかる。視聴率も含めてこちらの行方も関心を集めそうだ。

 『ポケットモンスター』と『NARUTO』シリーズには、もうひとつビジネスの側面もある。両作品の海外での高い人気だ。高収益のテレビ東京アニメ事業は、近年はとりわけ海外での高い伸びに支えられている。両作はなかでも、収益の柱だ。
 海外で人気の高い作品のブランド維持にはまず国内での人気の足固め。そのためのさらなる認知度向上の思惑も感じられる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭
     2018年11月2日から5日まで、4日間にわたり開催される新千歳国際空港アニメーション映画祭の関連…
  2. 第31回東京国際映画祭
     2018年9月25日に、東京港区・虎ノ門ヒルズメインホールにて、第31回東京国際映画祭ラインナップ…
  3. 広島国際アニメーションフェスティバル
    津堅信之(アニメーション研究/日本大学藝術学部講師)   (1) 日本ゼロのコンペティション …
ページ上部へ戻る