文化庁、平成29年度予算案 アニメーター人材育成やアニメ映画製作支援も

企業ニュース

 文化庁は2016年12月22日に閣議決定した平成29年度の予算案のうち、同庁関連の予算案を公表している。国全体の歳出は5年連続の増加で97兆4547億円となったが、文化庁の一般会計は1042億7200万円とほぼ前年並みを予定している。
 このうち映画関連に予算は9億4600万円と、前年の8億6100万から7650万円の増加。アニメ、マンガ、ゲーム、メディアアートのメディア芸術関連は10億9200万円とこちらも5000万円の総額となった。映画とメディア芸術を合せて、約20億円が文化庁の予算となる。

 アニメ関連では、「若手アニメーター等人材育成事業」と「アニメーション映画製作支援」が前年度に続き継続される。「若手アニメーター等人材育成事業」は、現在はあにたまごの愛称で実施されており、実際に短編アニメを制作しながらアニメーターの技術を取得するもの。予算は従来と同じ2億1000万円で、今回で8年目となる。
 「アニメーション映画製作支援」の予算は1億1900万円。こちらは映画製作と字幕・音声ガイドを支援する。このほか映画製作全体で5億9400万円の支援があり、国際共同製作分として前年度より5000万円増額している。
 予算増額では、アジアでの日本映画特集上映事業が、3100万円から8100万円に拡充される。アジア地域との文化交流が重視されていることが判る

 このほかメディア芸術分野では、文化庁メディア芸術祭関連予算が3億7500万円の継続、一方メディア芸術のアーカイブ化や調査にあたるメディア芸術連携促進等事業が3000万円増額の3億6700万円。
メディア芸術クリエイター育成支援事業は2200万円である。映画でも若手映画作家の育成に1億5700万円と、作品の担い手に対して厚めの予算になった。
 予算案は1月20日に召集される通常国会での審議を経て、成立する予定だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る