「君の名は。」「シン・ゴジラ」、自社製作作品大ヒットで東宝第3四半期利益が急伸

ファイナンス決算

 2017年1月16日に発表された東宝の2017年第3四半期決算が好調だ。連結売上高は1781億2000万円と前年同期比1.8%増にとどまったが、営業利益が414億6800万円、経常利益が425億2800万円、当期純利益が281億6100万円と、それぞれ28.7%増、26.2%増、34.9%増となった。利益面での伸びが際立った。
 これは製作出資した『君の名は。』や『シン・ゴジラ』、『名探偵コナン純黒の悪夢』の大ヒットが牽引したためだ。自社製作作品が、全体の利益率を大きく引き上げた。

 東宝の映画事業は、製作・配給の営業事業、劇場運営の興行事業、映像パッケージ・アニメ・商品・ODSなどの映像事業の3つに分けられる。これらを合計して1198億1000万円(2.6%増)、営業利益は288億5700万円(36.6%増)の増収増益である。
 このうち興行事業の売上が一番大きく606億3400万円(9.4%増)、営業事業は372億1400万円で7.9%の減少、映像事業が219億6100万円(4.9%増)となる。映像事業は東宝で大きなヒットがあったが、東宝東和の洋画作品が前年に及ばず減収になった。
 一方で営業利益は、営業事業の131億1200万円(37.7%増)が最大で、さらに営業利益の伸び率は映像事業の50.0%増(59億8500万円)が一番となる。
 
 演劇事業は軟調だった。売上は107億4500万円(6.1%減)、営業利益は21億7900万円(16.4%減)である。
 不動産事業は、売上468億5200万円(1.7%増)、営業利益は129億3500万円(17.1%増)。不動産賃貸が高稼働を続けているほか、東宝スタジオのステージレンタルの稼働も順調だ。

 東宝は利益の好調を受けて、通期決算を待つことなく、2017年2月期の配当予想を上方修正した。従来の前期12.5円、期末12.5円に加えて、期末に特別配当20円を実施。通期全体で45円にする。前年の30円から大きく増額される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る