東宝第3四半期、アニメ製作事業売上は60億円超で前年同期の2倍に

ファイナンス決算

 1月16日、大手映画会社の東宝は2017年2月期第3四半期(16年3月~17年11月)の決算発表を実施した。『君の名は。』や『シン・ゴジラ』のヒットに支えられ、前年同期比で利益を大きく伸ばす好調が際立った。
 『君の名は。』や『名探偵コナン純黒の悪夢(ナイトメア)』などの大きなヒットなどが、全体を牽引。今期はアニメの好調が際立った。

 そうした業績はアニメの企画や販売・流通などに関わるアニメ製作事業からも窺われる。第3四半期までのアニメ製作事業の売上高は、60億1800万円と前年比で109.4%増と2倍以上に達した。
 アニメ製作事業では、テレビアニメや劇場アニメへの製作出資をしている。製作出資の配分金収入も売り上げ増加につながった。期中には『僕のヒーローアカデミア』、『orange オレンジ』、『君の名は。』、『名探偵コナン純黒の悪夢(ナイトメア)』が主要タイトルである。またパッケージ事業でも、アニメ製作投資するアニメ『刀剣乱舞-花丸-』のサントラCD販売が好調であった。
これまではアニメ製作事業はテレビアニメが中心であったが、今期は劇場映画『君の名は。』を手がけ、それが大ヒットにつながる大きな成果を残している。作品と経験の積み上げと、事業領域の拡大が、売上の拡大につながっているようだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る