「君の名は。」4部門、「この世界の片隅に」2部門 日本アカデミー賞優秀賞を発表

アワード/コンテスト

 日本アカデミー賞協会は、第40回日本アカデミー賞の各部門の優秀賞を、2017年1月16日に発表した。日本アカデミー賞は、前年に活躍した劇場映画、映画人を国内の映画関係者の投票にて決定し顕彰するものだ。1978年にスタート、今年で40回目となる。
 優秀賞は米国アカデミー賞で言えば、ノミネートにあたる位置づけになる。3月3日に東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で開催される授賞式にて、5つの優秀賞の中から最優秀賞が発表される。

 アニメーション関係者から注目されるのは、優秀アニメーション作品賞だろう。2016年は話題作の多い年となったが、『君の名は。』、映画『聲の形』、『この世界の片隅に』、『ルドルフとイッパイアッテナ』、『ONE PIECE FILM GOLD』が選ばれた。いずれもヒット作で、大きな注目を集めたタイトルばかりだ。
 OLMのフルCGが目を惹いた『ルドルフとイッパイアッテナ』以外は、全て手描きの2Dアニメなのは日本的と言えるだろう。映画のテーマは様々だ。『君の名は。』がファンタジックなラブロマンスの一方で、『聲の形』は聾唖といじめ、『この世界の片隅に』は第ニ次世界大戦前後の広島を描く。『ONE PIECE FILM GOLD』は国民的人気マンガが原作、『ルドルフとイッパイアッテナ』はファミリー・キッズ向けの作品だ。日本アニメの多様性も、5つの作品からは窺われる。

 これまで劇場アニメはアニメーション賞以外の受賞は多くなかったが、2016年は他部門でも受賞が目立った。『君の名は。』はアニメーション賞以外に、新海誠監督が監督賞と脚本賞を受賞、音楽賞でもRADWIMPSの名前があがり、4部門に輝いた。『この世界の片隅に』にもコトリンゴが音楽賞を受賞して2部門の獲得である。
 また「エヴァンゲリオン」シリーズでお馴染みの庵野秀明が総監督を務めた『シン・ゴジラ』は、作品賞をはじめ11部門12の受賞となった。こちらもアニメファンにはうれしいニュースだろう。3月3日に、いくつの最優秀賞を獲得するかが注目される。
  優秀外国作品賞には、ディズニー・アニメーション・スタジオの『ズートピア』も5つの作品の受賞作のひとつになっている。こちらも大ヒット作だけに期待がかかる。

≪第40回日本アカデミー賞≫
http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/40.html

[優秀アニメーション作品賞]
 『君の名は。』
 映画『聲の形』
 『この世界の片隅に』
 『ルドルフとイッパイアッテナ』
 『ONE PIECE FILM GOLD』

■ 『君の名は。』 受賞部門
 優秀アニメーション作品賞
 監督賞/新海誠
 脚本賞/新海誠
 優秀音楽賞/RADWIMPS

■ 『この世界の片隅に』 受賞部門
 優秀アニメーション作品賞
 優秀音楽賞/コトリンゴ

■ 『シン・ゴジラ』 受賞部門
 優秀作品賞
 優秀監督賞/庵野秀明・樋口真嗣
 優秀主演男優賞/長谷川博己
 優秀助演女優賞/石原さとみ
 優秀助演女優賞/市川実日子
 優秀音楽賞/鷲巣詩郎
 優秀撮影賞/山田康介
 優秀照明賞/川邉隆之
 優秀美術賞/林田裕至・佐久嶋依里
 優秀録音賞/中村淳・山田陽
 優秀編集賞/庵野英明・佐藤敦紀

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る