CEDEC 2017開催発表 8月30日から3日間、パシフィコ横浜を会場に

講演

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス(CEDEC)2017の開催概要を発表した。2017年8月30日(水)から9月1日(金)の3日間、パシフィコ横浜会議センターにて行われる。
また開催に向けて、期間中のセッションの講演企画の募集要項も公開した。2017年2月1日から4月2日まで受け付ける。

CEDECは、コンピュターゲームの開発者が、最新情報を交換する場として1999年にスタートした。当初はコンソールゲームが中心であったが、ゲームの領域拡大と共に、ソーシャルゲームなど取り上げるテーマも多角化している。
それに伴い開催規模も大きくなってきた。2009年は、パシフィコ横浜を会場にしている。また2016年のセッション数は210、参加者は過去最高の6768人に達した。このうち500人以上を学生が占めている

2017年も多数のセッションを用意する。レギュラーセッション(60分)、ショートセッション(25分)、パネルディスカッション(60分)、ラウンドテーブル(60分)、インタラクティブセッション、ワークショップなどがある。発表の内容に合わせた形式を選択出来る。
さらに初心者向けに基礎から応用までを解説するチュートリアルや、テーマを決めて制限内で制作するレビューやコンテストなどもあり多彩だ。アワードや交流パーティーもあり、ネットワークづくりの場ともなる。日本のコンピュータエンタテインメントの推進役として、2017年もCEDECの活躍が期待される。

CEDEC 2017
2017年8月30日(水)~9月1日(金)
パシフィコ横浜
http://cedec.cesa.or.jp/2017/

関連記事

ピックアップ記事

  1. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
  2. アヌシー映画祭「Tokyo Pitch」
     東京都は地場産業であるアニメの関連企業振興を目指し、このほど情報発信サイト「Tokyo Anime…
  3.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
ページ上部へ戻る