インドネシア出版大手と合弁会社 KADOKAWAが東南アジアでマンガ・ラノベ翻訳攻勢

Kompas Gramediaグループ

 KADOKAWAがインドネシアのKompas Gramediaグループと共同出資で、日本マンガやライトノベルのインドネシア語翻訳出版の新会社PT PHOENIX GRAMEDIA INDONESIAを設立する。2024年1月5日に合意した。KADOKAWAが51%、Kompas Gramediaの出版・小売事業統括会社PT Gramedia Asri Mediaが49%出資する。
 Kompas Gramediaグループは、不動産やホテル、教育、放送などを手がけるコングロマリットだ。なかでも新聞、雑誌、書籍を発行する出版事業のGramediaは、インドネシア最大規模を誇る。さらに全123店舗の書店チェーンも保有して、出版から取次・小売りまでをカバーする。
 PT PHOENIX GRAMEDIA INDONESIAでは、インドネシア語の翻訳出版だけでなく、アニメ関連グッズの販売やデジタルプラットフォームの運営も手がける。マンガやアニメ、ラノベを軸としたマーケットを開拓する。

 KADOKAWAによれば今回の新会社設立は、中国、インド、米国次ぐ世界第4位にあたる2億7000万人の人口を持つインドネシアの市場性に目をつけたものである。インドネシアは人口が多いだけでなく、若年層の割合も高い。アニメーション、コミック、ゲームへの消費が急拡大しており、なかでも日本作品の人気の高まりは顕著だ。
 現地の有力企業と協業し、直接進出することで、成長市場での売上利益の伸長を狙う。PT PHOENIX GRAMEDIA INDONESIAは、KADOKAWAにとってインドネシアにおける戦略会社の位置づけになりそうだ。

 KADOKAWAは近年、エンタテイメント分野での世界展開に急激に舵を切っている。2023年はヨーロッパでのラノベ翻訳出版の拡大、台湾での映像作品開発、タイでの出版社買収などを次々に新事業を打ち出している。
 なかでも得意の出版事業はその中核になる。すでに中国やマレーシアなどで実績があるが、それをタイやインドネシアに広げるというわけだ。東南アジアを中心にKADOKAWAの積極的な海外戦略は、今後も続きそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AnimeJapan2024
    ■凝った企業ブースが脱コロナ禍を演出  2024年3月23日から26日まで、東京都内で日本アニ…
  2. クランチロールアワード
     日本アニメ配信プラットフォームで世界最大規模のクランチロールが主催する「クランチロール・アニメアワ…
  3. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
ページ上部へ戻る