インドネシア出版大手と合弁会社 KADOKAWAが東南アジアでマンガ・ラノベ翻訳攻勢

Kompas Gramediaグループ

 KADOKAWAがインドネシアのKompas Gramediaグループと共同出資で、日本マンガやライトノベルのインドネシア語翻訳出版の新会社PT PHOENIX GRAMEDIA INDONESIAを設立する。2024年1月5日に合意した。KADOKAWAが51%、Kompas Gramediaの出版・小売事業統括会社PT Gramedia Asri Mediaが49%出資する。
 Kompas Gramediaグループは、不動産やホテル、教育、放送などを手がけるコングロマリットだ。なかでも新聞、雑誌、書籍を発行する出版事業のGramediaは、インドネシア最大規模を誇る。さらに全123店舗の書店チェーンも保有して、出版から取次・小売りまでをカバーする。
 PT PHOENIX GRAMEDIA INDONESIAでは、インドネシア語の翻訳出版だけでなく、アニメ関連グッズの販売やデジタルプラットフォームの運営も手がける。マンガやアニメ、ラノベを軸としたマーケットを開拓する。

 KADOKAWAによれば今回の新会社設立は、中国、インド、米国次ぐ世界第4位にあたる2億7000万人の人口を持つインドネシアの市場性に目をつけたものである。インドネシアは人口が多いだけでなく、若年層の割合も高い。アニメーション、コミック、ゲームへの消費が急拡大しており、なかでも日本作品の人気の高まりは顕著だ。
 現地の有力企業と協業し、直接進出することで、成長市場での売上利益の伸長を狙う。PT PHOENIX GRAMEDIA INDONESIAは、KADOKAWAにとってインドネシアにおける戦略会社の位置づけになりそうだ。

 KADOKAWAは近年、エンタテイメント分野での世界展開に急激に舵を切っている。2023年はヨーロッパでのラノベ翻訳出版の拡大、台湾での映像作品開発、タイでの出版社買収などを次々に新事業を打ち出している。
 なかでも得意の出版事業はその中核になる。すでに中国やマレーシアなどで実績があるが、それをタイやインドネシアに広げるというわけだ。東南アジアを中心にKADOKAWAの積極的な海外戦略は、今後も続きそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る