「楽園追放」公開から10年、続編制作発表 監督・水島精二×脚本・虚淵玄

楽園追放 心のレゾナンス

 東映アニメーションは、2024年1月27日にインターネット上で開催された新作ラインナップイベント「Virtual Anime Fes」内にて、劇場アニメ『楽園追放 心のレゾナンス』の制作決定を発表した。発表と合わせて、ティザーPVとキービジュアルも公開している。
 本作は2014年に公開され大きなヒットになった『楽園追放 -Expelled from Paradise-』の10年越えの続編となる。監督には水島精二、脚本は虚淵玄、キャラクターデザインに齋藤将嗣、音楽にNARASAKIと『楽園追放』を支えたスタッフが、再び集結する。時代を超えたあらたな感動を呼び起こしそうだ。

 前作『楽園追放』は、フルCGの技術でセルルックのキャラクターを魅力的に描き出す映像の作品として話題を呼んだ。現在では、広く普及する手法だが、2010年代初めはフルCGでいかにカワイイを表現するか試行錯誤していた時代だ。本作は、そのブレイクスルーのひとつとなった。
 技術への挑戦は、『楽園追放 心のレゾナンス』でも期待出来そうだ。今回の発表の舞台となった「Virtual Anime Fes」は、東映アニメーションの新規事業Onn’on Studiosによるプロジェクトで、VR空間を用いた新作ラインナップイベントという新たな試みだ。イベントには水島精二監督、虚淵玄氏、それに野口光プロデューサーのが出演している。新作に対する意気込みも感じられる。

 『楽園追放』は地上文明が崩壊した未来というSF的な舞台で、捜査官アンジェラと地上捜査員ディンゴが謎のハッカーフロンティアセッターと世界の秘密を追うという作品。2014年に公開当時は13館と限られた規模だったが、11万人以上を動員した。さらにBlu-rayとDVDを合わせて7万本以上売り上げるなど、ファンからの熱い支持を得た。
 『楽園追放 心のレゾナンス』は、前作と同様の完全新作劇場アニメーションとなる。『楽園追放』のさらに先にある新たな物語を描くという。

『楽園追放 心のレゾナンス』
https://rakuen-tsuiho.com/ 

監督: 水島精二
脚本: 虚淵玄(ニトロプラス) 
キャラクターデザイン: 齋藤将嗣
音楽: NARASAKI

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る