東映アニメが業績予想上方修正、映画・配信・商品化が好調

ファイナンス決算

 アニメ大手の東映アニメーションは、2024年1月29日に24年3月期第3四半期の決算を発表した。国内外のアニメ人気もあり、業績は引き続き好調だ。
 業績発表に合せて、東映アニメーションはこれまで示していた通期業績予想を上方修正した。連携売上高の見通しを820億円から830億円に修正、営業利益は190億円から205億円、経常利益は200億円から215億円、当期純利益は135億円から155億円にそれぞれ引き上げた。
 修正の理由は、前年度に公開した映画の波及効果が継続していること、さらに国内における配信権販売の好調が挙げられている。商品化権販売や商品販売事業も当初見込みを上回っている。作品から派生するビジネスが順調に拡大していると言ってよいだろう。

 新しい業績予想でも連結売上高では前期の874億5700万円には及ばず、利益面でも前年を下回る。しかし業績予想を修正した一方で、第3四半期までで売上高の進捗率はすでに80%、営業利益の進捗率は86%を超えている。
 東映アニメーションでは第3四半期から第4四半期にかけて劇場映画で『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』が予想を超えるヒットになっている。またアニメーション制作会社の売上は期末に拡大する傾向もある。今後の状況次第では、最終的な業績はさらに変わってくる可能性もありそうだ。

 また1月29日には、東映アニメーションは株式分割も発表した。2024年3月31日付で、株主が保有する1株を5株に分割する。
 好調な業績を背景に東映アニメーションの株価は2015年以降継続的に上昇を続けており、直近では1株2000円を超えることもある。最低単位の売買金額も200万円ほどになっている。株式分割後はこれが40万円程度まで下がることが期待される。手頃な株価で、株式の流動性の向上を期待することになる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
  2. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  3. 「アニメーションの表現」
     2023年10月23日から11月1日まで開催されている第36回東京国際映画祭は、昨年より上映本数、…
ページ上部へ戻る