スタジオジブリと中国アリババがパートナーシップ、上海で大規模展覧会も

提携

 2024年1月5日、数多くの傑作アニメを世に送り出してきたスタジオジブリが、中国の巨大企業グループとパートナーシップを結んだ。スタジオジブリは、アリババグループの映画事業会社アリババ・ピクチャーズ(Alibaba Pictures)とパートナーシップを締結した。
 アリババグループは中国を代表する巨大テック企業。アリババ・ピクチャーズは2009年に文化中国伝媒集団有限公司として設立し、2014年にアリババ傘下に入った。映画製作・出資、チケット販売などを手がける。中国の映画界では存在感がある企業である。

 パートナーシップにもとづく最初の大きな事業が、スタジオジブリの数々の映画を題材にした大規模な展覧会となる。展覧会は2024年末に上海でスタート、大規模かつインタラクティブなものになる予定だ。中国らしい最新のテクノロジーを持ち込んだ新しいかたちが期待される。企画には昨年、アリババ・ピクチャーズが買収した大手エンタテイメント会社の大麦網が協力する。
 またアリババ・ピクチャーズは、パートナーシップとして現在はまだ中国公開されていないスタジオシブリ、そして宮崎駿監督の最新作である『君たちはどう生きるか』を中国で共同展開をするとしている。さらに中国市場に向けた共同のアニメーション開発もあげている。実現すれば大きなニュースとなりそうだ。

 中国では、長年、スタジオシブリの作品は正式に展開していなかった。しかし、2018年に『となりのトトロ』が劇場公開されるなど流れが大きく変わっている。『となりのトトロ』は30年前の作品にも関わらず大ヒットになった。その後もスタジオジブリの映画作品の公開が続いている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る