GENDAが映画配給ギャガを買収、株式約78%取得で子会社化

提携

 エンタテインメント事業の持株会社GENDAが、映画配給のギャガを子会社化する。2023年11月20日の取締役会議で決定した。ギャガはティー ワイ リミテッドが保有する全株式、発行済株式の 78.05%を取得して特定子会社とする。譲渡価格は非開示。
 GENDAは2018年にエンタテイメン分野事業の投資、持株会社のミダスエンターテイメントとして設立された。2020年9月に現社名に変更している。アミューズメント施設運営を中心に、積極的なM&A戦略で急成長している。
 これまでに出版の宝島、セガエンタテイメント、VR制作のダイナモアミューズメントなどを子会社化している。今回は映画配給で実績のあるギャガをグループに加わえることで、事業の陣容を拡大する。

 ギャガは1986年に設立された映画会社で、海外映画の買い付けや映画企画・製作、配給など幅広い事業を長年、手がけている。大作映画だけにとどまらず、世界各地から良質で優れた作品を集めるのに定評がある。
 近年はアニメ映画にも積極的で、洋画邦画ともラインナップを揃える。事業組織にはアニメ事業部も設置され、代表取締役の依田巽氏が自ら事業室を統括する重点部門だ。
 国内アニメでは、公開中の話題作『駒田蒸留所へようこそ』、『ぼくらのよあけ』、『リョーマ!The Prince of Tennis新生劇場版テニスの王子様』、『若おかみは小学生!』などを配給。また:ディズニープラス オリジナル『Project BULLET/BULLET(仮)』のリリースが控えている。
 海外作品では『長ぐつをはいたネコと9つの命』、『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』、中国アニメーションの『雄獅少年/ライオン少年』も配給した。
 年間売上高は25億円台から28億円台、21年3月期、22年3月期は黒字であったが、直近の23年3月期は最終で3億3100万円のマイナスであった。

 経営面では設立以来、たびたび資本関係が大きく動いてきた。2005年にはUSENの子会社となったが、その後経営権はユーズマーケティングに移った。さらに2009年に現代表取締役の依田巽氏のマネジメントバイアウト(MBO)により、依田氏のマネジメント会社ティー ワイ リミテッドとキノシタ・マネージメントが買収。さらに2016年にはエイチ・アイ・エスとクリーク・アンド・リバー社が資本参加した。
 今回のGENDAの株式取得時点では、エイチ・アイ・エスとクリーク・アンド・リバー株式はティー ワイ リミテッドに譲渡済である。ギャガによる子会社化後も、依田氏は21.95%の株式を保有する。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る